夫婦別姓について

最近ツイッターの私のTLで、よく話題になっているので
(社会的にもなってますね)
夫婦別姓について最近何となく考えています。

私自体は特に何も考えず、

しめさばさんの姓の田川になりましたが。

と言うか。こっ恥ずかしいこと書きますがむしろ
「好きな人の姓になれてうれしい」くらいの気持ちでした。

学生の頃などは、好きな人ができるとその人の姓の下に自分の名前を書いて
ドキドキしたりしてました。って皆さんしてませんでした?
私だけかな、、、
別にその人と本気で結婚したいとか言うわけではなかったんでしょうがね。
今思うとなかなか気持ち悪いですね、、、

でも姓が変わるとなると手続きが何かと大変で。

私の場合は各種銀行年金関係運転免許証の手続きくらいだったと思うのですがざっとこんな手続きが必要なようです(もうはるか昔のことだから引用)

  • 転入届
  • 住民票の写し
  • マイナンバー・通知カード
  • 免許証
  • パスポート
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 生命保険・損害保険など保険関連
  • 携帯電話
  • インフラ(インターネット、光熱費)

ご自身が旧姓で契約していたものは、名義変更がほぼ必要です。
保険やインフラに関しては、新婚生活を始める際に新郎側が契約者になることも多いです。
その場合は解約手続きのみで済む場合もあります。
ふたりで新生活を始めるときに、しっかり話し合いをしたうえで手続きに臨めると良いでしょう

※みんなのウェディングより引用

会社を退職しない方の場合は会社関係でも手続きありますよね。
(私はアルバイトも辞めた状態で結婚したので何もなかったんですが)

銀行とかめんどくさかった覚えがありますねえ、、
転入届や住民票はしめさばさんと一緒に行った覚えが。

それからしばらくの間、

新姓に慣れなくて、病院や銀行で
「田川さーん」と呼ばれても、あらしめさばさんと同じ苗字の人がいるのね。
って私やないかーい!!となったりも。

特に何も思わず新姓を受け入れましたが

変わった時はやはり感傷的になりましたね。生まれて30年くらい使ってきた
苗字なので。
父が「お前はもう田川家の人間なのだから」とか言うので、それも相まって。

そして少しだけの間、しめさばさんの働く職場で

働いていたことがあるんですが。(欠員がいてちょっと手伝う的な感じで)
「同じ姓の人間が2人いるとややこしい」ということで、私は旧姓で
働いていたのです。

なので職場では旧姓で呼ばれ、何かと使うシャチハタも結婚するまでずっと
使っていた旧姓のものを使っていたのが新鮮でした。
今の姓だと「しめさばさんの奥さん」なのですが、旧姓だと何のフィルターも
かからない私、みたいな感じで。

武田鉄矢さんが情報番組で夫婦別姓を望む女性を

「女の覚悟の問題」と発言されて炎上したという話を聞きました。
なんでも奥様を旧姓で呼んだら「自分は前の姓を置いて武田になった。添ういうつもりで来ているんだから冗談でも前の姓で呼ぶな。」と叱られたそうで。

まあ武田鉄矢さんや奥様の世代はそうなるかもしれないねえと思いました。
私も別に覚悟してというわけでもないですが、父が「お前は田川家の人間だ」と
言うし、そんなもんなんだなと思って嫁いできましたし。

でも今は働き方も生活スタイルも多様化していて

苗字が変わったらなんとなく仕事がしにくいとか、あとは上記のように
手続きがめんどくさかったりとか、そして家系を絶やしてはいけないようなお家だけど子供が女の子だけ、、ということもあるでしょう。
以上のことが結婚を妨げる要因であるならば、別に夫婦別姓でも
いいような気がするんですけどもねえ。
私は選択制夫婦別姓の制度、あったらいいなあと思います。

ちなみに夫婦別姓のメリットデメリットについて書かれているブログがありました。

ってなんか珍しくまじめな題材に取り組んでみましたけども。

手続きもなんもかも楽に好きに生きられたらいいっすよね、と思う今日この頃です。

ちなみにしめさばさんに夫婦別姓ってどう思う?と

聞いてみたら、
「別に好きにすればいいと思うけど、家族のチーム呼称が苗字だと思うので、
 同じ苗字の方が便利だよね」
とのこと。

「そうだ俺たちはドラゴンズだ」

などと意味不明なことも同時に申しておりました。

結構まじめに考えたんだけど最後はやっぱりふわっふわになりましたとさ。
すみません、、



あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です