『沈黙のWebマーケティング~Webマーケッターボーンの逆襲』を読んだまとめ

読書

めっちゃ分厚いです。(約500頁)

ストーリー形式の合間にノウハウまとめが記載されていて、ページ数のわりには文字密度が少なく、会話形式で進むのでストーリーの面白さもあって、半日で読めるんじゃないでしょうか。

ストーリーはピンチにヒーローが表れて、さらなるピンチを努力で越えていくみたいな王道なのですが、何故王道的ストーリーにしてい仕立てているかという点も、『なるほど』とうなずけるメタ的な要素も盛り込まれており、おすすめです。

以下はネタバレで、フレームワーク的なものを自分用メモとして残そうかと思います。

Webサイト訪問者が知りたい事(サイトが商品、サービスを扱う事業者の場合)

  • 実績:今までどんな製品を作ってきたか
  • お客様の声、制作事例
  • どんな素材を元にしているのか、サービスなら差別化できる要素の説明
  • 実際の制作物やサービス体験をする事ができるのか
  • 制作現場を見学できるか
  • イメージを伝えただけのものも対応できるか、提案はもらえるのか。
  • 費用はどれくらいか
  • 納期はどれくらいか
  • 対応地域はどこまでか
  • 直接会って相談できるか、自宅まで訪問してもらえるか
  • 見積、プラン作成の流れはどうなっているか
  • 見積、プラン作成後のキャンセルは可能か
  • 完成品の設置もしてもらえるか
  • 納品後の設置もしてもらえるか
  • 他社と何が違うのか
  • 口コミはどれくらいあるのか
  • 過去、トラブルはなかったか

文章を読みやすくするチェックポイント

  • 文字の大きさ、文字の色は適切か
  • 文章の行間は適切か
  • 文章の協調は必要ではないか
    (部分的に太字にしたり、大きさや色を変えたりする必要はないか?)
  • 文章の表現自体はわかりやすいか

写真を見やすくするためのチェックポイント

  • 写真のサイズは適切か
  • 写真の明るさやコントラストは適切か
  • 写真の構図は分かりやすいか
    (重要な部分を目立たせる、必要に応じてトリミングやぼかしを入れる必要はないか

説得力のあるコンテンツにするためには

  • ”そもそも”論で考える
  • データを示す
  • ヒットコンテンツから学ぶ「王道の表現」も根拠になる
  • 論理的なコンテンツの↑に、感情的な演出を加える

セールスレターノウハウ7か条

  1. お客さんの代名詞は「皆さん」ではなく、「あなた」で書く
  2. 「ストーリー」を使って、お客様の感情を動かす
  3. 「写真」や「動画」を使い、ストーリーに足りない、”リアル感”をプラスする
  4. 弱みや失敗談などの「ネガティブ情報」を入れ、”リアル感”と”信頼性”をプラスする
  5. 「お客様の声」や「販売実績」「受賞実績」などの情報を足し、”客観的な信頼性”をプラスする
  6. お金の節約より「時間」の節約に訴求するなど、新たな軸でお客様に気付きを与える
  7. 頁移動などでお客様のテンションを覚まさないよう、セールスレターはできるだけ「1ページ」にまとめ、ページの最後の文章まで気を抜かない

人に好かれる6原則(SNS運用等の心得)

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔で接する
  3. 名前は、当人にとって、もっとも心地よい、もっとも大切な響きを持つ言葉であることを忘れない
  4. 聞き手に回る
  5. 相手の関心を見抜いて話題にする
  6. 重要度を与える。誠意を込めて

以下もうちょっと追記予定

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です