【まこなり社長】チラ見せドリブン【話し方の極意シリーズ】

ようつべ

どうもしめさばです。サーチコンソールの結果が良いので、コバンザメコンテンツを作成しようと思います。

でも、物凄く勉強になります。というわけで『結論から話してはいけない』という動画タイトルですが、ここは口頭でのお話ではないので

結論

  1. 非常識な驚きがあるチラ見せにすること
  2. 問いかけでチラ見せする
  3. じらして引っ張る
  4. 結論にこだわりすぎないこと

非常識な驚きがあるチラ見せにすること

聞き手のメンタルモデルも作らなければならないので、いきなり結論は言わないこと。あくまでチラ見せ。

連想ゲームのようにヒントを与えつつ、話したい事につなげること。

例)

私が好きなものの話しをします。

私と同じように好きな方も多いのではないでしょうか。

コンビニで新作が出るとつい買ってしまいます。

この組み合わせを考えたのって誰なんでしょうね。

お米と海苔、単純だけど最高の組み合わせですよね。

私の好きなものはオニギリです。

問いかけでチラ見せする

え?どういうこと?

もっと知りたい!って思わせ続けることが重要

じらして引っ張る

興味深い質問が投げかけられたら、聞き手はつい

「次は答えを教えてもらえる」

と思って待ってしまいます。

「この答えは、最後まで聞いてくれたら必ずわかります」

と続け、最後まで真剣に「聞く姿勢」を作り続ける事が重要。

結論にこだわりすぎないこと

なんらかのセミナー然り、実は結論そのものは月並みだったりします。

重要なのはそれに至るプロセス。

勧善懲悪のハリウッド映画だって、結論は分かっていても面白いもの。

結論は当たり前でも、その重要性を認識するのは、その結論に至る過程です。

『イイ話』聞いたなぁ

って時は、この経路をたどってませんかね?

私は結構思い当たります。人志松本の「すべらない話し」でもこのロジックで喋られているものは多いと思います。

重要なのはプロセスだったりするのですね。

ちなみに・・・

この動画『WHYから始めよ』という内容も含まれています。

『WHYから始めよ』についてはコチラ

重要な業務上の共有事項も、上手く回らないのは「WHY」が伝わってないからという事が多々あります。

この動画を見てから、私は「WHY」を意識的に重要視する事にしています。

ということでまた。





あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です