【個人的に】定位置は左ひざ或いは左肩【閲覧注意】

老年はち

今週はなんだか疲れました。

先週末の土日もなんやかんやで動き回っていたし、1日1回のブログ更新を自分に課したので、

それが固定時間にして1時間。本当はもっと時間かけて書くべきなんでしょうけど、

まぁ書く練習という事で。

帰りの電車は割と早い段階で座る事が出来まして、ふぅと一息つきながら、スマホを見るでもなく、

左膝が目に入ると、今年亡くなった愛鳥のはちさんを思い出すわけですな。

見えているわけではないのですが、そこにいるような感覚を覚えるんですよね。

あ、今手をツンツンしてる。

あ、今膝をコンコンしてる。

撫でようとしたらキメッてしてる。みたいな。毎日繰り返した光景は網膜に張り付いている気がします。

 

そんなわけで、心の整理のために49日までの投稿をまとめてみようかと

View this post on Instagram

天候に不安がありましたが、雨に降られる事なく、無事、荼毘に付す事ができました。 彼は抜群のモビリティ性を獲得し、これで不安無く家族全員でどこにでも行けます。 その後初めて家族全員で寿司。 彼の1番のお気に入りの場所に祭壇を設置、遺影はまだ用意してなかったので去年頂いた似顔絵を仮置いた。 お通夜も出来たし、概ね保護者としての役目は果たせたかな。 さて、推定18〜19歳の彼は、保護してから17年の間、一度も亡くなった事が無いのでどう過ごしたら良いやら。 そんな今日は大安吉日。

A post shared by しめさばこと田川です。 (@simesaba13) on

View this post on Instagram

犬派な私が奇妙な巡り合わせでオカメインコを飼う事になって17年。 岡目八目から「はち」と命名。 まさに岡目八目な存在として、私達夫婦を見守ってくれた存在だった気がします。 17年という時間は、書ききれない程色々な事がありました。 流れ流れて札幌市北区から白石区、手稲区へと渡り歩き、さらに札幌から山形県米沢市、米沢から横浜へ。 彼と過ごした時間は、生産性の無いほぼ無駄な時間。 でも、無駄な時間の貴重さ、贅沢さを知る事が出来ました。 生とは、無駄を過ごすために努力を重ねるものなのかもしれません。 17年間積み重ねた彼との無駄な時間は、少しずつの愛情を積み重ねた時間と同義。 「愛は育むもの」とはよく言ったものですね。 今日は奥さん一緒に、彼の思い出を語り、明日は魂が抜けた彼の体を火で送り返し、遺骨と奥さんとで数ヶ月ぶりの外出を楽しもうと思います。 (画像は私のpcのデスクトップ画像) あ、そういえば今日は8(はち)日だ。

A post shared by しめさばこと田川です。 (@simesaba13) on

飼い主としての責任を果たす事が出来て良かったという安堵と、彼ともっと一緒にいたかったという矛盾した気持ちが未だにせめぎ合う。

でもこの感情は忘れたくない。一生持っていけたらいいな。なんて事を思います。

ほらーこんな事書いたらやっぱ自爆するやん?

9月11日は、はちを署から我が家に迎えた日。(らしい)



あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です