FP3級、合格しました。

今日はFP2級、3級の合格発表の日でした。

自己採点では何とか合格ラインでしたが、ギリギリなので不安になったり、
いやあまた受ければいいだけさとか思ったりしてましたが。
合格してましたー。わー。

完全合格というのは学科、実技のどちらかのみが合格の場合が一部合格なので、
今回でようやくどちらも受かったね!ということです。

とりあえず試験が終わったので、ちょっと今日はまとめてみようと思います。

FP3級は簡単な試験か?

合格率がよいので、よく「誰でも受かる」的なことを言われる試験なFP3級。
果たしてほんとに誰でも受かるのでしょうか??
金融、不動産、相続、税金、保険などなど、分野が多岐にわたるし
知らない言葉だらけだったので私にとっては非常に難しかったです。

「誰でも受かる」みたいに言われる反面、その学習範囲が広さ覚えなくてはいけない数字が多く覚えにくいことからそんなに簡単な試験とは言えない、とも言われています。
ですので、あんまり金融関係とかお金のこととか得意じゃないなって方はたくさん過去問を解いたりテキストを読み込む必要があると思います。

FP3級試験にかかった費用

〇電卓:¥2,189
〇テキスト、問題集代:¥8,399
〇受験料:¥15,000

計:¥25,588-

電卓

電卓は小さいのを持っていたのですが、しめさばさんおススメの大きい電卓を
買ってみました。たしかに使いやすかったです。
ちなみに試験中も使用可なんですが、使用不可の電卓もありますのでお気をつけください。(上のリンクの中ほどに記載あり

ちなみに購入したのはこちら。(値上がりしてましたね、、)

テキスト、問題集

テキストはこちらがわかりやすかったです。前にも書いたことあるかもですが。


勉強を始めた2017年の秋にこちらのテキストと同じシリーズの問題集を購入。
2018年5月に2018年度~2019年度の問題集を購入。

それから最初の方はこのテキストも使っていました。

あまりにも数字に弱かったので、これで数字、算数の勉強をした感じです。。笑
数字に弱い方はこちらから入るとわかりやすいかもしれませんが、
テキストのわかりやすさとしては『みんなが欲しかった! FPの教科書 3級』の方がおススメです。(とにかく見やすいです。私はですけど。)

まあ書店でパラパラ立ち読みするのがよいですね。合う合わないがありますので。

それから今年に入ってから実技のテキストをAmazonのマケプレで購入

受験料は下記のとおりです。
①2018年5月の学科&実技(¥6,000)
②2018年9月の  〃  (¥6,000)
③2020年9月の実技(¥3,000)

勉強時間

2017年秋ごろに試験を始め、2018年5月のを受けようと思っていたので
非常にゆったりやっていました。仕事で使うわけではなく、数字に弱いのを克服するため勉強を始めたので。

テキストを読んでいた時期は、毎晩数ページ読み続けるのを目標にしていました。すごくスローペースだったと思います。

どれくらい勉強をしたら合格できるのかはひとそれぞれだと思います。
1週間で受かった方もいらっしゃるようですし、
3年かけてようやく受かった私もいますし。
でもブログ等見ていたら、半年が一般的なんでしょうかね。

勉強方法

テキストは全部理解しようとせずに早く読み終える

理解できなくて何度も読んだり、わからない言葉をまとめたりしているうちに
時間はあっという間に過ぎますし、一度覚えたことも忘れてしまうので
テキストはひたすら一冊通しで、そして早く読み終えることをお勧めします。

過去問を解きまくって問題と解答を覚える

初めて出題される問題ももちろんあるでしょうが、基本的にFP3級の試験問題は過去に出題された問題が良く出ます。
なので、過去問をひたすら解きましょう。
一度間違える→付箋でチェックしておいて、正解するまで何度も解いたら頭に入ってきます。

私が買ったようなテキストもありますし、過去問が試験を出す団体の公式サイトに載っていますし日本FP協会きんざい)、過去問アプリなどもあります。
私は過去問サイトも利用していましたが、試験直前まで問題解説をチェックできるお金の寺子屋さんがおススメです。

最初は全部理解しないとダメなんだと思っていましたが、ひたすら過去問を解いて問題文と回答を覚えるのが点を取るコツなんだなと3回受けて思いました。
(気づくのが遅い)
なので過去問は解いて解いて解きまくりましょう。

実技もそれなりに解いた方がよい

実技より学科を優先に過去問題集を解け、と言われていますが
実技は文章ではなく、図などで出てくることが多いです。
ですので見慣れないと「ギャッ」となるかもしれません(私だけかな、、

なので問題は学科と同じように覚えておいた方が絶対良いです。
ということで、実技もそれなりに解きましょう。

ちなみに私、一番最初の年に実技はほぼ勉強せずに受けてこういうのが問題に出てきて相当焦った覚えがあります。。

試験前日~当日の過ごし方

どうしてもわからないところの見直しをする

以前ブログにも書きましたが、過去問は前々日くらいまでに解くのをやめ、
前日は何度解いてもわからない問題の見直し、どうしても出てこない言葉が
あればメモ帳に書き出したりまとめたりする作業をしました。

これ結構、役に立ちました。
わからない言葉、出てこない言葉を簡単にまとめておくだけで
頭に入ってきたので。

宅地評価、前日まであやふやだったっていう、、

それからお恥ずかしながら、私分数の計算弱いんですよね。%にも。
なので延べ面積の最高限度の求め方の、幅員12ⅿ以下の場合の求め方は
しめさばさんに前日に再確認しました。
あのね、6ⅿ×6/10ってどう計算するの???

…そんなのもわからないまま問題集解いていたの????
目をぱちくりされましたが、聞いてよかったなあとおもいます(確か問題出なかったと思うけど)

早めに寝る

これほんと大事です。
試験前日は早めに寝る、は基本中の基本なんですが、あまりにも勉強していなかった時に深夜いや早朝までやったことがありまして、、
試験当日は具合悪くなるし、頭がぼんやりして見直ししてもさっぱり頭に入らないしで、、

今回は早めに寝たら頭もすっきりして試験直前の見直しも頭に入ってきました
落ち着いて試験に臨めましたので、休むことは大事です。

試験当日

しっかり食事をとり、早めに試験会場の近くに行ったり、試験会場に入ってしまいましょう。遅刻気味だと気持ちがいっぱいいっぱいで、落ち着いて試験に臨めないこともあると思います。

意外と試験会場が駅から遠い場合もありますしね。
校門から入って会場どこーーー!!!!みたいなね。一番最初はそうでした
誘導してくれる係員はもちろんいますが、試験を受けることに慣れていないので
非常にパニクった覚えがあります。

それから事前にトイレも済ませたいですしね。大事。

問題文はよく読んで、適切不適切に気をつけて!

不適切なものを一つ選びなさいを「適切なもの」に読み違えて、
何点か落としたことがありますからね、、これ地味に危険です、、そしてそのミスに気づいたあとひどく落ち込みます、、

なので問題文をよく読み、不適切なものを選ぶのか適切なものを選ぶのかをチェックしてから問題を解くとよいと思います。
今回はそれを徹底したので受かったんじゃないかと思ってます。

私はFP2級の勉強を始めようと思います

どれだけかかるか今から見ものですが、以上の私の経験を踏まえて
最初に3級の試験を受けた頃よりは効率よく勉強をすすめてゆけたらなと思っています。

特にこういう仕事に就く予定はないので、2級をとったとて何にもならないのですが私の知識にはなるので頑張りたいと思います。

3年前にしめさばさんに「君は数字に弱いからFP3級取ってみたらいいんじゃない?勉強になるよ?」と言われた時は(割と上からですよね、、笑
無理無理、FP3級なんて取れないよー!時間の無駄だよー!」と思いました。
でも資格の勉強を始めたら、覚えたところが解けただけでも嬉しいし、
勉強したら私も受かるんだと思えて、同時に自己肯定感も少し高くなった気がします。

なので、資格の勉強、割とおススメです。FPは生活に密着していますし。
その割に全く頭に入ってませんけど、、

ということで今日はこの辺で。おやすみなさいませ。













あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です