【django】社内SNSアプリを作ってみる④(loginviewの作り込み)【pythonメモ】

pythonLOGO

login.htmlを作成する

作成場所はtemplates直下

migrations>urls.pyの編集

migrations>views.pyの編集

公式も確認する

login.htmlの中身を作成する

ほぼsignup.htmlと同樣に作っていく

ところでredirectとrenderの違いとは?

redirectは指定のページへダイレクトに飛んでいく
 →ページのリクエストをurls.pyを介してリクエストする

renderは指定のページにジャンプせずに、次の処理を行う

list.htmlを作成する

bootstrapで見た目を整える

migrations>urls.pyのつなぎこみをする

migrations>views.pyのつなぎこみをする

models.pyの作り込み

このままだと、ImageFieldの保存先が無いので一度pillowをインストールする

Ubuntuのパスワードを聞かれるので、入力してpllowをインストールする

するとmigrations下に 0001_initial.pyが出来る

またmigrateを実行する

すると__pycache__下に0001.cpythonが出来る

これでよくわからんがテーブルの作成が完了した。

migrations>admin.pyにおまじない

でrunserberして/adminを見てみると

Boardmodelsという

http://127.0.0.1:8000/admin/

という感じでデータの格納先が完成しました。



 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です