【django】project作成時に生成されるファイルの意味【python】

pythonLOGO

この記事の続きっぽいです。

プロジェクト生成時にdjangoで作成されるファイルのそれぞれの意味について

settings.py

BASE_DIR

pythonで生成するHTMLやCSSファイルの格納先を示す

SECRET_KEY

秘密の鍵が、プロジェクトごとに作成される

DEBUG = True

Trueのとき、エラーの理由がブラウザ上の表示される

ALLOWED_HOSTS = []

外部サーバーのIPアドレスを入れる所

INSTALLED_APPS = [

分けた機能をdjangoで統合的に記憶させるもの

MIDDLEWARE = [

ミドルウェアのリスト

ROOT_URLCONF =

受け取ったブラウザのURLを一旦引き受けるファイル

TEMPLATES = [

CSS等のテンプレートが入ったフォルダを示す

WSGI_APPLICATION =

WSGIファイルがどこにあるか示す

DATABASES = {

データベースの格納先、設定

AUTH_PASSWORD_VALIDATORS = [

パスワードのバリデーションを示す。
→パスワードの条件(文字数とか数字を使えとか、大文字使えとか)の設定

LANGUAGE_CODE

言語コード日本なら’ja’

TIME_ZONE

タイムゾーン

STATIC_URL

様々な呼び出し先のURLを設定する場所

urls.py

urlpatterns = [

各種リクエストを、ここの情報に応じて次の指示(views.py等)に回す設定

初期値の    path(‘admin/’, admin.site.urls), の意味

と/adminを追加してみると

こんな画面になります。

これは「管理画面に入るログイン画面」という事になります。

views.py

※これを見て分かるとおり、生成時このファイルは存在しません。

なのでファイルをターミナルから作成します。コマンドは下記のとおり

※ファイル作成場所に注意

ここに作成する事。

やっている事

urls.pyからのリクエストオブジェクトを受けて、サーバーに返す事

views.pyの準備(urls.py)の更新

views.pyの中身の作成

HttpResponseはジャンゴ内にあるメソッドを利用している

確認してみよう

の後

にアクセスしてみると

と出たので成功です。

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です