【遠距離介護】一人で留守番の父のお世話をどうするか

11月ですね。1日からブログをおやすみしてすみません。
実家の母が割と大変な状況で、そして私の更年期障害も爆発気味(?)
で休んでしまいました。

母のことは私が考えてもどうにもならないし、お医者さんにお任せするしか
近くにいる父と姉に任せるしかないので考えないことにしています。

今考えているのは、というかこの遠距離介護の記事を書き始めてから
ずっと考えているのは一人で実家で留守番をする、父のことなのです。

遠く離れた私ができること

毎日電話をかける

一応毎日電話をしています。父は電話が苦手なので、2~3分程度の通話ですが。
話す内容は大体こんな感じ。

  • 本日の食事の内容
  • 病院から母の件で連絡あったかどうか
  • 母の状態はどうか
  • 今日は何をやっていたか

コロナ禍で、父すらお見舞いできないので母の様子はほぼわからない状況です。
病院から連絡がないのなら何とかやってるんだねって思うしかない状態で。

以前は母から持ってきてもらいたいものの連絡を受ける時に少し話していたようですが、そして最近はそれすらもないようです。(調子が悪い模様)
食事に関してはほぼ毎日同じものを、電子レンジがないため温めずに食べている模様。食べ物についてはまた後程書きます。

食べ物等を送る

食べ物については、最初は我が家を担当してくださっているケアマネさんに
宅配のお弁当を頼むよう私が父に言っていた
ので、それで解決だと思っていました。
ケアマネさんは実際にカタログを持って行ってくれていましたし。
しかし、父は
家にあるものを食べてから頼む」の一点張りで頼んでくれないのです。

あまりしつこく言うと嫌がるし、
俺はもういいんだ80まで生きたんだからもういんだ」だの
投げやりなことを言い始めるので、
そんな嫌なことをさせるのならば”とロハコで食品を選んで送ってみました。
お菓子は嬉しかったようですが、炊き込みご飯は難しいからできないとのこと、、
(多分ただいま思考停止中で、すべてのことが難しいんだと思います)

でもまあ懲りずにまた何か送ってみようと思います。

道内に住む姉がやってくれていること

たまに顔を見に行ってくれています。
おかずを温めてくれたり、父のお世話をしてくれているようでありがたいです。
それから母の病状についてお医者さんとも話に行ってくれるようです。

今の悩みは父の食事

俺はもう80まで生きたから適当に食べてていいんだ
俺はもうどうでもいいんだ

と、さすが私の父ネガティブな言葉を吐きまくります(つらい

俺なんかもういいんだ、生きてたくないんだ」と言われた時は
おー、さすがネガティブな祖母の息子でネガティブな私の父だな”と
ちょっと感心してしまいました。(感心しちゃだめ)

感心している場合ではなくて、、今の懸案事項は

①いかにわが実家に電子レンジを送り込むか

②何とか宅配弁当を頼むようにする

なんですが、電子レンジは「自分がいなくなって家を片付ける時にお前たちに面倒をかけたくない」のと「新しいものを覚えたくない」らしく強硬に反対しています。

私が電子レンジしょって実家に帰り、使い方を教えて使えるまで実家にいてやろうにもコロナ禍でなかなか帰ることができません。
私がコロナにかかってないとも言い切れないし、北海道、ただでさえも感染者数増えているし、、

でもいざという時は帰るのでしょうから、その時電子レンジを無理やり導入がいいのでしょうか。しかし父のライフスタイルもあるのでどうしたらいいのか。

宅配弁当についてはケアマネさんも悩んでらっしゃって、申し訳ないなと思っております。
野菜が足りてないだろうからお弁当食べたらいいと思うんですけどね。
親を説得するって難しいですね。。

父の気持ち

電子レンジを導入せよだの、温めて食べろだの色々言っていますが
父は私が子供の頃、母が不在の日は一人でご飯を作って食べていたのです。
インスタントラーメンや、あと焼き魚なんかはたぶん私より上手でした。

なので、父は母がいないことがショックで何も手につかないんだと思うのです。
だから色々言わず見守ってやるのが正解なのか、どうなのか。
毎日の電話で悩んでおります。

たまには突き放す電話もあり?

昨日、更年期障害のせいなのかあまりにも鬱鬱していてわんわん泣きわめいたりしていたので、父と話していて父がすごい弱音を吐いた時にも優しくできず
私もどうしていいかわからない、どうやって生きて行っていいかわからない」と
弱音に弱音で返してしまいました。

父は突然父親の声になり「何言ってんだ馬鹿野郎、お前はもっと頑張れ」と言い出し、
あっ父に弱音吐いてしまった、私よりしんどいだろうに」と反省したのですが
その日は投げやりなことを言わず「頑張れよ、頑張れよ」と私を励ましてくれました。

我が家のような遠距離介護をしている職場の同僚に話したら

私もたまに弱音吐くよ、そしたら親がいきなり元気になるからたまにはいいんだよそれで」と言ってくれたので、たまには弱音に弱音で返してみようかななんて思ったりしました。

たまにですけどね。

ブログや質問サイトを見てみたら

この記事を書くにあたって、ブログや質問サイトを見てみたら
みなさん「母が入院して一人暮らしをする父のお世話」について悩んでらっしゃるのですね。我が家のように離れて暮らす娘さんもいらっしゃって勉強になりました。

父の気持ちも考えて、父という立場も考えてあげてどうしたらより良いお世話ができるか、また気持ち新たに模索していこうと思います。
ちょっと最近父との電話に疲れ気味だった

ということで今日はこの辺で。また日をまたいですみません。おやすみなさいませ。








あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です