【ねえ何があったの】妻が口を聞いてくれませんの記事読まれまくりな件

こんばんは。今日も暑かったですね。今日はちょっと整形外科に行ってきました。四十肩がいまだ治らなくてですね。まあこの話は明日するとしまして。

当ブログがやたら読まれてます。。

いやあの、某人気ブロガーさんたちからしたらもうぜんっぜん読まれてないんですけどね。我が家なりのblog史上初のPV数でですね、激しく動揺しております。どちらかのサイトや某掲示板に貼りつけて頂いたのかな???

それで読まれているのはコチラ。https://tagawake.work/marital-relationship/

Googleサーチコントロールによると

Googleサーチコントロールによると、
妻が口を聞いてくれません ネタバレ」で来られている方が多いようですね。ネタバレって文字入れてないような気はしますが、まあ大体ネタバレしてますわね。



検索して来てみたら中身うっすうすでごめんなさい!

何を見られて来られたかわかりませんが、あんまりネタバレにもなってないし中身も薄くてすみませんっていうのが今の気持ちですね。。
こちらの記事は、野原広子さん『妻が口を聞いてくれません』ざっくりしたあらすじと感想のみです。



考察はコチラ

ちなみに私の、夫婦関係の何となくなルール

求められていなかったらごめんやで、なんですけど。

  • 夫婦は血のつながってない他人という認識を強く持つ
  • 他人と毎日顔を突き合わせるのだから、気遣い必須。
  • ありがとうとごめんなさいを言う事は大事。
  • お互いの考え方の違いを認めて受け入れ、その上で直してほしいこと、やってほしいことを伝える。
  • 口で伝えたら喧嘩になるのなら、手紙、メールなどで。
  • LINEはすぐ返事が返ってきていい面もあるけれど、会話になっちゃってまた険悪になる可能性もあるので私は使いません。
  • 思ったこと、気になることは溜めずに都度都度伝えてゆく。
  • 食事は仲良く美味しく食べる。
  • しめさばさんが仕事に行く時はなるたけ明るく送り出す。
  • しめさばさんが帰ってきた時もなるたけ明るく迎える。
  • お互いの趣味、行動に干渉しない。

夫婦は夫婦ってだけでもう家族と思っていた時期がありまして。
散々甘えましたし、しめさばさんの都合おかまいなしに話しかけたりとかウザく絡んだりと最初の頃はほんと色々やらかしたんですね。
だから新婚時代は夫婦げんかが絶えなかったんだろうなあと。

まあ血のつながった家族だったとしても甘えすぎたり自分の気持ちを押し付けすぎたり、なんでも許してくれると思って接していたらダメですけれどね。私の実家は割と「身内なら何を言ってもいい」というところがあったんですよね。

よく言われることですが、夫婦はすぐに夫婦、家族になるわけではなくてお互いの努力や歩み寄りで家族になっていくものなので、気遣いは必須だと思います。

あと食事は一番大事にしてますね。
食事の場で喧嘩したことも何度かありますが食べることが好きな我々なので、一食の食事を無駄にした感じで後味悪い喧嘩になるんですよね。なので気を付けております。

とある日の昼ご飯。メインはチキチキボーン。

最後に、お互いの趣味や行動に干渉しあわないことも我が家には大事なルールです。お互いを束縛しないというか。

前の方に書いたように、私の実家は「身内には何を言ってもいい」的なところがありましたので、「家族には干渉してもいい」と言ったところもありました。しかししめさばさんと付き合うようになってから、しめさばさんがとても嫌がるので「人に嫌なことをしてはいけないな、干渉してはいけないのだな」と思うようになったのでした。

そして趣味がぜんぜん違うのですが趣味にも口を出さないようにしてますね。趣味が合わないので同じ家にいて側にいても、違うことをやっていること、しょっちゅうです。

と、偉そうなことを書いてきましたが、赤の他人なので我が家だっていつどうなるかはわからない。だからまあ、上手くやってゆけるように努力はしております。

それではきょうはこのへんで。おやすみなさいませー。






あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です