SQL自分的チートシート

AWS Cloud9での使用が前提です。

DBの基本的なデータ構造(呼称)

①ユーザーテーブル:DB全体
②カラム:列
③レコード:行
④フィールド:セル

USE:使用するデータベースを指定するコマンド

CREATE:色々生成

データベース作成

テーブル作成

SHOW:色々確認

テーブルを確認

カラムを確認

SELECT:テーブルからデータを取得する

テーブルから任意の値を抽出する

(カラム名をカンマ区切りにすることで、複数のカラムを指定できる。)

WHERE:SELECT文と一緒に使い、絞り込む

ORDER BY:SELECT文と一緒に使い、表示順を指定して抽出

GROUP BY:SELECT文と一緒に使い、グループ分けを行って抽出

UPDATE:データを更新するコマンド

INSERT:テーブルに新しいレコードを追加する

ALTER:テーブル構造に変更、追加、削除を行う

DELETE:テーブルやレコード、カラムを削除する

LIMIT:使用するデータベースを指定するコマンド

TRUNCATE:テーブルの全レコードを削除(ほぼ使わない)

DROP:テーブルを含めて全削除(使わない)

テーブル結合

INNER JOIN:内部結合

OUTER JOIN:外部結合(基本的にLEFT JOINだけでOK)

とりまこんな感じで



 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です