【そもそも定額小為替って】定額小為替、使わなかったのを換金できるってご存知ですか?【知りませんでした】

色々な書類を地元の役所から取り寄せる必要があり、その手続きなどをやっている日々です。

お役所から書類を取り寄せる時ってお金がかかりますよね。
その時、遠く離れた役所や公的機関から書類を取り寄せるにはどうやってお金を払うんだろう?って思ったことありませんか。

そういう時や、少額の現金を送付する時に使用するのが定額小為替です。

※ゆうちょ銀行公式サイトより画像引用

例)500円を郵送で送付

①郵送で現金は送れないので、郵便局で定額小為証書を購入し、郵送。
定額小為替証書を受け取った受取人が郵便局に行き、お金と換金

受け取り手が郵便局で換金するという手間はかかりますが、少額だったらこちらで送ることができるので便利かもですね。

今日は、その定額小為替を多めに送ってしまって返却されたけどお金に換金できるの???

という記事です。(またちょっとやらかしまして

定額小為替証書について

定額小為証書替の買い方

郵便局の貯金窓口で購入できます。

お近くのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で、送金額の現金に所定の料金を添えてお申込みください。送金額に応じて、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円の12種類の定額小為替証書を発行いたしますので、所定の受取人欄に受取人のお名前をご記入いただき、それを受取人にお送りください

※ゆうちょ銀行公式サイトより引用
※綾瀬市・公式サイトより画像引用

こんな感じで公的機関の公式サイトに取り寄せたい書類の金額が記載されていますので、その分の定額小為替証書を購入します。
伝票を書くことになりますが、そのあたりは郵便局の方が教えてくださります。

所定の受取人欄に受取人のお名前をご記入いただき、それを受取人にお送りください。」とゆうちょ銀行の公式サイトには書かれていますが、私の地元の市役所では「記入したり切り離したりせずに送ってください」とあるので、
書類を送ってもらいたい役所に直接確認したらよいと思います。

私はこの説明に気づかず何もせずに送ってました

定額小為替の手数料

定額小為替証書一枚につき100円かかります(税込)

例)市役所から300円の住民票をを3部取り寄せる

300×3枚=900円

300円の定額小為替証書3枚購入、ということで手数料は900円に対してかかってきます。

300円の定期小為替証書を3枚買うと、手数料は100円×3で300円。
750円の定期小為替証書1枚、150円の定期小為替証書を1枚にすると手数料は
100円×2で200円とちょっとだけですが節約できます。

ですので、市役所に「定期小為替証書は合わせて900円になればいいのか
確認しておけばよいと思います。

少額の金額を送るのであれば普通為替よりお得

役所から「発行手数料は定額小為替で」と指定されているから仕方ないんですけど、定額小為替の手数料って結構かかりますよね、、
3枚で100円とかだと思って買いに行ってました、、(勉強不足

4000円以下の送金額だと普通為替よりお得

しかし普通為替だと、為替証書一枚あたり
◎5万円未満:437円
◎5万円以上:662円

かかりますので、4000円以下であれば定額小為替の方がお安く済みます。

定期小為替証書には有効期限がある

定額小為替証書の有効期間は発行日から6か月です。有効期間が経過した場合は、為替証書の再発行のご請求が必要です。発行日から5年間為替証書の再発行または為替金のご請求がない場合には、受取人は、為替金をお受け取りいただけなくなります。

同一金種で100枚以上お求めになる場合は、あらかじめお近くのゆうちょ銀行または郵便局にお申し出いただきますようお願いします。

※ゆうちょ銀行公式サイトより引用

上で画像引用した綾瀬市役所の手数料についての説明ではこう説明されていますね。

※定額小為替の有効期限は発行日から6ヶ月ですが、換金の都合上発行日から5ヶ月と20日を越えないものでお願いいたします。

※定額小為替の有効期限が発行日から6ヶ月以上経過している場合は、申請書一式を返送させていただきます。※定額小為替には、何も記入しないで送付してください。

※綾瀬市・公式サイトより引用

私は書類の発送依頼を郵送する際に定額小為替証書を購入しましたので、有効期限について何も考えておりませんでしたが、有効期限も考えて定期小為替証書は購入したらすぐに送った方がよさそうです。

間違って多めに送った定期小為替証書、返送されたけどお金には変えられる??

何の書類を取り寄せたらいいかよくわからず、
えーい全部取り寄せちゃおう!」と
4部分の手数料、1000円の定額小為替を添付し、雑に取り寄せたところ
250円分の定額小為替のみ使われて、(私の必要な書類は1枚だけだったという
残りの750円分の定額小為替が返送されてきましてね。

この750円の定額小為替証書ってお金に替えられるのかな

と思って郵便局に行ってみました。
まあ結論から言うと換金できました。めでたし。

間違って送っちゃって返送された定額小為替を換金する」というか
普通に「換金する」「お金を受け取る」という意味合いになるので、換金できないわけないんですよね。考えてみたら。

受け取った定額小為替の換金方法

受け取る場所は、定額小為替購入時と同じく郵便局の貯金窓口です。
持ち物としては、受け取った定期小為替証書と印鑑です。
受け取りの際は手数料はかかりません。

なお、証書の金額が合計10万円を超える時には運転免許証などの身分証明書が必要となるようです。

受け取り方

送られてきた定額小為替証書の「指定受取人おなまえ」欄が空欄であった場合、受取人がここに記入する必要はありません。ここは証書を送る人が受取人を指定する欄ですので、空欄で受け取った場合はそのままにしておきましょう。
「指定受取人おなまえ」欄で受取人が指定されている場合は、その本人または代理人だけが換金を行うことができますが、ここが空欄の場合は、証書を持参した人であれば誰でも換金できることになっています。

その下部にある「おところ」と「おなまえ」の欄に自分の現住所と氏名を記入し、印鑑を捺して、窓口に提出します「指定受取人おなまえ」欄で受取人が指定されている場合は、その本人または代理人だけが換金を行うことができますが、ここが空欄の場合は、証書を持参した人であれば誰でも換金できることになっています。

※CANARYより引用

たしか私は「おところ」と「おなまえ」の欄に自分の現住所と氏名を書くように
郵便局の方に言われ、その通り記入し、印鑑を押してきたような。
ということでここの書き方も郵便局員さんから指示があると思います。

代理人に受け取ってもらうこともできる

定額小為替を換金するためには、営業時間内に郵便局の貯金窓口かゆうちょ銀行に行く必要がありますが、受取人に指定されていている本人が行くことが難しい場合には、代理人に受け取りを依頼することができます。
その場合、まず証書の裏面の「委任欄」の「代理人」のところに、窓口へ受け取りに行く人の氏名を書きます。次に、「委任者」の欄に、受取人に指定されている人の住所と氏名を記入し、認印を捺しましょう。

最後に、表面の「おところ」の欄には代理人の住所を記入し、「おなまえ」の欄には「○○○○の代理人」と書いて、受取人に指定されている人の代理人であることを肩書として示したうえで、代理人の氏名を記入し、代理人の認印を捺します。

窓口で換金する時には、代理人の本人確認書類を求められる場合があるほか、受取人に指定されている人の本人確認書類も求められることがあります。

※CANARYより引用

郵便局は土日やっていませんもんね。代理人が行けるシステムよいですね。

ということで、今日は定額小為替についてまとめてみました。
知らないことに触れることが多い今日この頃です。。

それでは今日はこのへんで。おやすみなさいませ。

Amazonでレターパックとかはがきも買えるんですね。すごい。
そしてあったら便利なレタースケール。これがあれば郵便局で切手を貼ってもらわなくてすみますね。

<



もうすぐ父の日ですねということでぺたり。

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です