FilmoraとVrewで動画編集デビューしました。これって稼げる?

編集マン

最近きっかけがありまして、動画編集する事になりましたしめさばです。

さっそくですが作った動画はこちら

相当昔、作った事があるんですがやっぱ時間かかりますねぇ。編集作業って。

ソフトに慣れるのに時間がかかったこともあり、これで12時間くらいはかかっていますでしょうか。

今回は字幕アリとナシをそれぞれUPしてみたところ、見た感じ字幕アリの方は、字幕に目線が引っ張られて目にうるさいかなーと思っていたのですが、字幕アリの方が再生数の伸びが良いようです。

(結構手間だな・・・)

作った成果物を、すぐ発表できるという意味ではまぁまぁ楽しいですね。

で、今回使ったソフトの使用感等を書いていこうかと思います。

Filmora9 操作感レビュー

良いところ
  • とにかくコスパが良い
  • 直感的に操作しやすい

とにかくコスパが良い

他製品と見比べて、アドビプレミアかファイナルカットプロしか選択肢は無いのかなーと思っていて、ファイナルカットプロはMac専用だし。

プレミアは月額2,500円くらいでして、趣味でやるとしたら、結構なお値段よね・・・なんて思っていたのですが、

このフィモーラさん、機能だけなら無料で全部使えるという太っ腹っぷり。
月額にすると600円くらいでまぁ許容範囲内。

フィモーラ価格表
(2020/02/6時点)
https://filmora.wondershare.jp/buy/win-video-editor.html

無料版はMP4等に出力する際、勝手にバナー?が出力されるので、youtubeに挙げるのであれば有料版の購入が必要です。

直感的に操作しやすい

タイトルや文字のテロップがそれぞれ、パッケージ化されているので、直感的な操作が可能ですね。

その「パッケージ化されている」というのがアレでして、悪いところに繋がります・・・。

あと、やりたいことを検索すると、だいたい動画でマニュアルが上がっているのでそんなに困る事は無いのかなと思います。

悪いところ
  • テロップデザインの自由度が低い?
  • カットのショートカットがCtrl+Bで押しづらい
  • メモリ不足でちょいちょい落ちる

テロップデザインの自由度が低い?

これはまだ私が慣れていないから、本当は出来るのかもしれませんが、

例えば、文字を

『上からスッと出した後にフェードアウト』

という風にしたいと思っても、シーン切り替えのパッケージが固定化されていて、テンプレートのものしか使用できないのが自由度が低くストレスです。

文字の登場時は、凝った演出を使いたい場合もあるのに、消す時はスッとフェードアウトさせたいのですが・・・。うーむ。

で、それ以外のテンプレートは Filmstocks というところから有料ダウンロード。。。

本体が安い理由はそういう事ですね。そらそーだっていう。

カットのショートカットがCtrl+Bで押しづらい

動画を作成する時は、最初に音声の波形を見ながら、無音部分をガツガツっと切って粗編集をするのですが、その時よく使うのが『カット』でして

Ctrl+Bって絶妙に押しづらい・・・。

①再生、停止をSPACEキーでしつつ
②矢印キーで微調整して
③Ctrl+Bでカット
④不必要な箇所をマウスで選択してDeleteで削除

右手はマウスを触っているので、左手がわりと忙しい・・・。

(ちなみにアドビプレミオはCtrl+Xがカットだそうです。)

メモリ不足でちょいちょい落ちる

動画編集はそれなりのスペックを要するのは知っていますが、急に落ちるのは勘弁して・・・。

私のPCのメモリは8Gなのですが、他のウィンドウを開いて作業していると、チョイチョイ落ちます。

5分ごとに自動保存設定にはしていますが、今後のバージョンアップに期待しましょう。という感じですかね。

Vrew操作感レビュー

なんといっても無料なのは嬉しいですね。

通常の字幕テロップ入れだと、全体の文字起こしをして、それぞれのテロップを設定しなきゃならんのですが、

文字起こし+テロップの生成が自動化

されるので、作業時間が相当に短縮されます。

これも色んな方が、使い方の動画を上げてらっしゃいますので、10分もあればだいたい理解できるかと思います。

ただ、テロップを入れるタイミングをあえてずらしたい時はちょっとなぁ・・・。

という難点がありますが、それを補ってあまりある作業時間短縮と無料というのは大きいですね。

あとの問題は、今までやっていたプログラム勉強の時間がなかなか取れないのがうーむ。。。ですね。楽しいは楽しいんだけど、やっぱ時間が足りないーw

さて、これで稼げるのか問題

今後のマーケティングを考えると、youtubeを使わない手は無いご時世でありまして、動画編集者の需要はガンガン上がっています。

現状のクラウドワークス等の案件を見てみると、

10分の動画×10本を3万円で

という案件を見つけましたが、早い話が100分の動画を3万でという事なので、

おそらく作業時間的には500分~1000分くらいでしょうか。

時給にすると1,800円~3,600円くらい?

という事を考えるとそう悪いお話では無いような。

でも、動画編集をガッチリやるとなると、ソフト利用料やら音楽や絵も場合によっては買わないといけないのでどうかなー。

と思う次第でして、今後求められるスキルセットとしては、必要でしょうし、もうちょっとやってみようかなと思います。

でも、今後さらに付加価値を高めるという意味では、動画を作れるだけではなく。

・発信力
・マーケティング

をそれぞれ磨いて

・コンサル

の一つの道具として使えればより良いのでしょうなぁ。

そのためには、実績として伸びる動画を作成しないとね。というわけで、チャンネル登録高評価、宜しくお願い致します。(笑)





 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です