【手ごろな食材とパスタソースでも】市販のパスタソースをアレンジしてイタリアン気分【大満足】

ここ数年、サイゼリヤ以外のイタリアンにはほぼほぼ行かないmugです
こんばんは。

人とお昼に行った時なんかは食べるんですけども、
自分で、とかしめさばさんと、とかは行かなくなってきて。

アラフィフになり好みが変わってきてパスタより中華、蕎麦、定食が
よくなってきたのもあるんですがやっぱ関東のイタリアンって高いなと。
サイゼはお手頃なので行くという

それから市販のパスタソースにちょっとひと手間加えるだけのパスタで
満足しちゃうようになりまして。

ということで今日は市販のパスタソースにひと手間加えてイタリアンに
行った気分を味わっちゃいましょう!
なまとめです。

オーマイ コク旨ガーリックトマトでなんちゃってペスカトーレ

日曜のお昼に作ったんですが。
あまりに美味しくできたから記事を書こうと思った

作り方のベースはこちら。(クラシル)

【材料・2人分】

  • オーマイ コク旨ガーリックトマト:一袋(2人分)
  • ケチャップ:味を見て
  • 昆布茶:少々
  • 塩コショウ:ひと振り
  • コンソメ:少々
  • ローリエ:1枚
  • 日本酒:大さじ1くらい
  • ニンニク:ひとかけ
  • オリーブオイル:大さじ2
  • エビ(パナメイ、ブラックタイガーなど):10尾(有頭じゃなくてもよし
  • ロールイカ:1枚
  • ベビーホタテ:4~6個
  • ベーコン:1枚
  • マッシュルーム:一パック(なくても可

【作り方】
①ニンニクはみじん切り、マッシュルームは半分に切り、
海老は皮をむいて背ワタを取り塩水に5分ほど入れ、水気、
汚れをよく拭く。いか、ベーコンは食べやすい大きさに切る。
ベビーホタテは大きければ半分に、小さければそのまま。
②スパゲティを茹でるお湯を沸かす。
③フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを投入、軽く炒める。
香りが立ってきたらベーコン、えび、いか、ほたてを入れて炒めて塩コショウ。
その後日本酒とローリエを入れ、蓋をして少し蒸らす。
④鍋に湯が沸いたらスパゲティを投入、規定通り茹でる。
⑤コンソメ、昆布茶少々入れて、スパゲティが茹で上がるタイミングで
オーマイコク旨ガーリックトマトのソースを投入。一緒に入っている
ガーリックチップも入れてしまう。
⑥茹で上がったスパゲティを⑤のフライパンに入れて混ぜ合わせて出来上がり。

<備考>
・マッシュルームは傷みかけたのがあったので使いました。
入れなくてもいいんですが入れても美味しかったです。
・ベーコンは風味づけに入れてみましたが、不要な方は入れなくても。
・クラシルのレシピでは海老は有頭海老ですが、無頭海老でも美味しかったです。
クラシルのレシピでは白ワインで魚介を蒸してますが、白ワインがなかったため
調理酒で代用しました。問題なかったです。
・昆布茶、コンソメはお好みで。なかったらなかったで美味しいと思います
・トマト缶がなかったので市販のパスタソースで作りましたが、むかーしトマト缶で作った
ことがあって、それもなかなか美味しかったのでトマト缶でもぜひ。

ちなみにこちらのトマトソース、なすとツナ、なすとベーコン、エリンギとベーコンあたりでも
美味しいです。


(3袋の価格です)

S&B 予約でいっぱいの店のポモドーロ でなすとベーコンのパスタ

イタリアンのお店に行かなくてもよくなった、と書きましたが
こちらは北海道に帰るまでに一度行きたいと思っているお店、
ラ・ベットラ・ダ・オチアイ。

数年前にku:nelという雑誌で銀座特集が組まれた時に見かけて以来気になっています。

※ページ引用:ku:nel 2007.11.1号 33pより14年も経っているのか、、

イタリアンって、特に銀座のイタリアンってなんとなく緊張しちゃいません?
きちんとした格好じゃないといけないかなとか。

それが「ドレスコードなどないですよ、うちでは誰もが平等ですよ」なんて
落合シェフが言っているとか書いているので、い、行ってみたい!!と。
いつか行こう。

その落合シェフ監修のもと作られた、こちらのパスタソース。
ポモドーロがお気に入りですが、もうこれがまんまイタリアンに行った気分になれます。
こちらのソースと出会ってから、
ああもうイタリアンに行かなくていいな」と思ったんですよね。

アレンジ方法としましては、具材をオリーブオイルで炒めてソースと和えるだけ。
上↑の写真はなすとベーコンですが、きのこでもツナでも合います。

パスタはアルデンテじゃなくてもよくなったんですが、このソースで作る時は
ややアルデンテ気味の方がよいかもしれません。

茹ですぎるとちょっとモッタリした食感になってしまいます。

チキンソテーのトマトソースにもよさそうですねぇ。

(5箱の価格です)

オーマイ まぜて絶品 超にんにくペペロンチーノで夏野菜ぺペロン

この「超にんにくペペロンチーノ」は食べたことがないんですが
以前のペペロンチーノは食べてみておいしかったです。
(超にんにくも美味しいはず)

こちらもお好きなお野菜、ベーコンソーセージをオリーブオイルで炒めておいて
ソースを投入して混ぜ合わせ、そこに茹で上がったスパゲティをどーんと入れたら
出来上がりです。

トマトがお好きな方は、トマトを賽の目切りに切ってペーパータオルで
水気を取り、それをトッピングしても美味しいです。

(写真のトマトは荒く切りすぎましたが、、)


(8袋の価格です)

キューピーあえるパスタソース ペペロンチーノで作るミニトマトのペペロンチーノ

レシピはこちら

あまり購入しない、キューピーのあえるパスタソースですが(最寄りスーパーにない)
このミニトマトだけで作るペペロンチーノ、シンプルで美味しそうです。

キューピーあえるパスタソースめんたいマヨで作るじゃがいもの明太マヨスパゲッティ

レシピはこちら
明太スパとかたらこスパってどうも何か足したくなるんですが、
じゃがいもは美味しそうですよね。

市販のデミソースで作る鶏肉とじゃがいものデミグラスソースパスタ

レシピはこちら。(COOKPAD)

最後はパスタソースではないのですが、(一応市販のソース
私が作ってみたいスパゲティです。

札幌のスパゲティのチェーン店、チロリン村でよく食べていたメニューでして。

前回母の葬儀で札幌に立ち寄った時に、夕飯をチロリン村で食べたい
リクエストをするも、「は?なんで札幌まできてスパゲティ?」と
しめさばさんにサクッと一蹴されて食べられなかったので。。

そういえばこのデミソース、ビーフシチュー作る時に念のために買ったまま
使っていないから、これはチキンとじゃがいものデミソースを作るチャンスですね。

何のかんの言ってもアレンジしないパスタもおいしい

あまりに疲れていて、食欲もなかった時の夕飯です。
私がオーマイの明太カルボナーラ、しめさばさんが予約でいっぱいの店の
あさりのボンゴレ。

普段はアレンジするんですがアレンジする元気もなかったのでそのまま食べたら
すごくおいしかったです。
色々書いてきましたが、パスタソースはそのままでももう完成されているので
疲れている時なんかはもうこれだけで一品ですよねぇ。

と言うことで今日は市販のパスタソースのアレンジレシピをまとめてきました。
トマトソースでなんちゃってペスカトーレはめちゃくちゃおススメなのでぜひ。

それではこのへんで。





あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です