持病通信①(内科)

mugですこんばんは。

ここ数日、どうも体調が悪かったのでお休みしておりました。

なんか便秘気味だったり便秘由来の吐き気があったりヘルペスになったり。

本州に越してきてから、毎年9月は体調不良になるので夏の疲れなんでしょうかね。

みなさんは体調いかがですか。

さて昨日は内科に行ってまいりました。

糖尿病の検査新札だったのですが、食前血糖値およびヘモグロビンA1cがそれぞれ下がっておりましたー。

ヘモグロビンA1cは、過去1~2ヶ月の血糖値の平均値です。

食前はごはんを食べる前のですね。

札幌に居た頃は、検査当日は食事をとらないで状態で血糖値を測っていたものですが最近は食事後でもいいので、昨日は仕事帰りに行きました。

ちなみにお昼はドトールだったんですが、アイスコーヒーを飲んでしまって。

以前、血糖値の検査前にはカフェインは摂取しないほうがいいというようなのを

ネットで見かけたので、看護師さんに聞いてみたら

「砂糖入れてなかったら大丈夫ですよ」とのことでした。ほっ。

ヘモグロビンA1cはかなり下がったので、先生も薬剤師さんにもびっくりされました。

薬が効いたんでしょうなあ。あとは私の節制も少しは効いた、かな、、?

今回は薬に慣れるのに精一杯で

食事のことしか気をつけていなかったので、次回の検診時までには

一駅分歩いてみたり、体幹鍛えるマシーンで運動したり、他にも何かしたりして

さらに頑張りたいなあと思ってます。

割と体調がよくなってきてたし、食事のカロリーにも前よりは気を配っていたので大丈夫だとは思っていましたが、

もし結果が出なかったら、ヘモグロビンA1cに変化がなかったらどうしようと

心配だったので、ちょっと安心しています。

ちなみにこの話題、カテゴリを「健康」にしてましたけど

全然健康じゃないよねとしめさばさんからご指摘を受けましたので

「加齢と持病」というカテゴリに入れることにしました。

加齢と言えば。

この間、職場で同僚が休憩前に買い物をしたんですが、1円玉を出したと思っていたのが100円玉で、そして私も1円玉だと思って受け取ってお釣りを渡していたらレジに小銭をしまおうとして「100円玉じゃん!!」と気づき、同僚を追いかけたという、、

あのですねえ、銀色に光るものは全部同じに見えちゃうのですよ。

1円玉、50円玉、100円玉。500円玉もたまに間違う。

30代の頃は、年配のお客様が間違うと「なんで1円玉と100円玉間違うかなー」と

思ったものですが、今ならわかる。それは加齢。

なので、ここを見ている方にそのようなお仕事をされている若い方がいらっしゃったら、「ああ、加齢なんだな」って優しく見守ってあげてくださいね。

そしてあなたもいつか間違う日が….笑

※画像はいつか見た白い鳩さんです。鳩を見ると愛鳥はちを思い出します。

特にグレーの子。

こうしてみるとあんまり鳩感ないですが…

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です