pythonまとめ反復処理

pythonLOGO

while文

# while 条件文:(コロン)の後にインデントに注目して処理内容を記述する。

#変数定義
step = 1

#条件文
while step < 4:

    #処理内容
    step += 1
#変数の定義
step = 1
answer_list = [0]

# 条件文
# stepが4以上となるまで繰り返しが行われる
while step < 4:

    # 処理内容
    # answer_listにstepを加える
    answer_list.append(step)
    # stepを1つ増やす
    step += 1

#answer_listを出力
print(answer_list)

# [0, 1, 2, 3]

for文

# for文の基本的な書き方は、
for a in [0,1,2]:
        処理


# 定義
scores_math = [43,55,78,39,84]
total = 0

# for文
for a in scores_math :
    print(a)
    total += a
    
print(total)

# 43
# 55
# 78
# 39
# 84
# 299

indexの取得

# for文では対象のリストにenumerate関数を用いる事で、リストの要素だけでなく
# その要素のインデックスを同時に取得することができる。

#    for インデックス, 要素 in enumerate(リスト):
#        処理

# リストの定義
score_math = [62,48,33,89,91]

# 数学の点数
for index, score in enumerate(score_math):
    result = 'student ID No.' + str(index) + ' : ' + str(score)
    print(result)
# scoreはどちらも数値型であるためstr関数によって型を統一している。

# student ID No.0 : 62
# student ID No.1 : 48
# student ID No.2 : 33
# student ID No.3 : 89
# student ID No.4 : 91

range関数

# for文内の処理を指定した回数分だけ繰り返したい時にはrange関数を用いる。
#     for i in range(数値):
#        処理

# リストの定義
scores_eng = [62,48,33,89,91]

# 英語の点数;最初の2人の点数だけ表示
for i in range(2):
    result = 'student ID No.'+str(i)+' : '+str(scores_eng[i])
    print(result)

# student ID No.0 : 62
# student ID No.1 : 48
# リストの定義
scores_math = [43,55,78,39,84]

# 数学の点数;最初の4人の点数だけ表示
# for文
for i in range(4):
    result = 'student ID No.' + str(i+1) + ' : ' + str(scores_math[i])
    print(result)

# student ID No.1 : 43
# student ID No.2 : 55
# student ID No.3 : 78
# student ID No.4 : 39

for文における文字列型、辞書型

# 文字列はそれぞれの文字1つに対してfor文の処理が行われる。
#    for i in 文字列:
#        処理

# [keyに対するfor文]
#    for i in 辞書.keys():
#        処理

# [valueに対するfor文]
#    for i in 辞書.values():
#        処理

# またkeyとvalueの両方を同時にfor文にかける場合には辞書.items()を使う。
# 以下の場合、辞書のkeyがiに、valueがjに代入されます。
#    for i, j in 辞書.items():
#        処理


# 辞書、文字列の定義
string = 'Python'
countries_area = {'Russia' : 17098, 'Canada' : 9984, 'America': 9629, 'China' : 9596, 'Brazil' : 8514}

# 文字列にfor文を使う
for i in string:
    print( i )

# 辞書にfor文を使う
for key, value in countries_area.items():
    result = str(key) +' is '+ str( value*1000) + ' square kilometers'
    print(result)


# P
# y
# t
# h
# o
# n
# Russia is 17098000 square kilometers
# Canada is 9984000 square kilometers
# America is 9629000 square kilometers
# China is 9596000 square kilometers
# Brazil is 8514000 square kilometers



 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です