【母の四十九日も終わりましたので】両親の祭壇をなんとかしたい【手元供養】

きのう4/6で母の四十九日も終わりました。(一昨日になってしまった、、

母の葬儀の中で四十九日まで繰り上げ法要で行ってしまいましたし
特に家族集まって何かするということもありませんが、
区切りを迎えたなあという感じです。
我が家と姉の家で食事会をしようという話は出ております

きのうは近所の法華経のお寺に行き、お参りしてきました。

別に檀家さんでもないので「お参りされてもねえ…」と仏様も困惑してることでしょうが、まあ同じ宗派だしお願いしまっす!ってことで1月25日の父の二七日から、体調の悪い日以外はお参りしてきました。
母の修業日は体調不良でほぼほぼお参りしなかったなぁ、、母よすまぬ
自己満足ですけどね。何となく父と母の供養をしてる感がありました。

さて今後はどうしようか、、
今は急ごしらえの、文具ケース(引き出しタイプのやつ)の上に布を敷き、
遺影とお供えのお菓子などを置いて供養しております。

しかしこの文具ケースの上にまた段があり、非常に暗い状態。
しかも文具ケースの上って何かな、、と思ってしまうので(文具も取り出しにくい)何とかしたい今日この頃なのです。

手元供養ってどうやってすればいいのか

手元供養とは

手元供養(てもとくよう)とは、一般的なお墓や納骨堂に遺骨を納めて供養する方法に代わり、自宅で遺骨や遺灰(※)を保管して供養するものです。※遺灰…灰状の遺骨。 

自宅供養(じたくくよう)ともいわれます。

よりそうお葬式より引用

手元供養には二つ種類があります。

遺骨や遺灰のすべてを自宅で管理する方法
墓地、寺院の納骨堂に大元の遺骨や遺灰は納め、一部だけ分骨して自宅で管理する方法

手元供養の利点、欠点

手元供養の利点

手元供養の利点として挙げられるのは、故人を身近に置くことで常に供養が行える点です。
実際に、この利点を目的として選ぶ方が多いようでで、この点は言い換えればお墓参りの必要もないということになります。つまりお墓には、管理や継承の必要がない永代供養墓や自然葬を選ぶこともできるのです。
なお、これにより通常の供養よりも費用が抑えられるほか、家族への負担も減らすことができます。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

我が実家の両親の場合、火葬場で分骨されてメインの大きな骨壺と小さな骨壺を渡されました。
小さいのは私に、、と言われたのですが引っ越しが多くてまだ終の棲家的なところに暮らせていないため小さな遺影だけもらってきたのでした。

なので手元供養といえばうちのオカメインコのはちですね。

お骨の入っていた袋から骨壺を出して真ん中のカゴに入れ、遺影(今は違う写真ですが)とあとは餌はもうないので米と水をあげています。

はちもペット霊園に入れるかどうか聞かれたのですが、いずれは北海道に戻る予定なので骨壺に納めてもらいました。

キーホルダーとかネックレスに分骨もできるのですが、無くしやすい2人なので
やめました。

遠出する時ははちの残っていた羽と、はちの遺影を持って出かけています。
お骨の後ろにある、薬袋に羽を入れています

ちなみに今の遺影。(どうでもいいんですがこれお気に入りなので)

手元供養の欠点

前記の利点がある一方で、手元供養には次のような欠点もあります。
まず挙げられるのは、親族の方などの理解を得るのが難しいという点です。
手元供養では基本的に遺骨を分骨することになりますが、実はその分骨を忌み嫌う人もいらっしゃいます。あくまでも迷信ではありますが、分骨することで故人が成仏できなくなってしまうなどの考え方を持つ方もいるのです。
そして、その他の欠点としては最終的に埋葬することになる点が挙げられます。
手元供養といっても、やはり継承する人が必要になります。ただ継承するのが難しい場合は、手元の遺骨を処分しなければいけません。しかし、遺骨は少量であっても適切な場所に埋葬しなければ違法になってしまいます。

そのため、結局はお墓への納骨や自然葬を施さなければならないのです。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

分骨すると成仏できなくなる、、は初耳でしたね。
しかし継承する人が必要、というのが子供がいない我が家にはやはりできないことなので、お骨もらってこなくてよかったんだなあと思いました。

はちのお骨は、うーん、私が死ぬ頃にはなんとか、
ペットと一緒にねむろう!」的なものができてたらいいな、、笑
ちなみに今後もう一羽オカメインコを迎える予定ですので、出来たらその子も、、

と、話が盛大に脱線しましたが。
手元供養は故人を近くで感じられることがよいですね。
ただ分骨することは親族間で話し合いが必要だし、継承のことも考えなくてはいけないと。

ちなみに分骨方法としましては、引用させていただいたお坊さんのいないお葬式さん調べではペンダント加工が一番多かったようです。
両親もペンダント加工にすれば、、いやでも継承者がいないからなあ、、

手元供養をするにあたってそろえるもの

供養品が揃ってきた

ということで私の家には骨壺はなく、遺影のみ飾っている状態です。
しかしはちにだけ米と水をあげているのもなんだなーと思っていたし、
今置いている文具ケースの上は手狭で、お供えのお菓子も上手く置けない状況。

おりくぜん(御霊供膳)をあげたりりんを鳴らしたりしないまでも
なんだかこれじゃあ両親がかわいそうだなあと思っていた時に、
幼馴染よりお線香が届きました。

そうか、お線香くらい上げようかなあと思っていた時に、友人より両親とはちのためにプリザーブドフラワーと線香立て、ろうそく台などを頂きました。
ナチュラルでかわいいです。そしてお線香もいい香り。幼馴染と友人に感謝です。

プリザーブドフラワーも、ずっときれいに咲いているのが嬉しいですね。
母は黄色い花が好きだったので喜んでいると思います。ちなみに私も黄色いバラがすきなので嬉しいです。

これはさすがに、ちゃんとした台を買ってあげないとなあと思いまして。
文具ケースの上にはおさまらないしそもそも文房具ケースの上って!!っていう

一般的に手元供養に必要なもの

手元供養で使う用品は、まず先述したミニ骨壺もしくはそれに準ずるものが必要です。
手を合わせる対象となるため、手元供養では欠かせないものです。
また、お気に入りの写真を写真立てに入れて飾る方も多くいらっしゃいます。
おりん、線香立て、花立てなども、高い割合で使用する供養品です。
これらの供養品を乗せて飾る供養台や台座セットなども便利です。

どうしても決められないときは、セットになったものを購入する方法もあります。
セットでは、ミニ骨壺、写真立て、一輪挿し、香立て、供養台などが含まれることが多くなっています。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

我が家は骨壺がないのでもう手元供養からは逸脱しているんですが、、汗
それに準ずるもの、だから遺影もOKかな?
遺影に手を合わせたり、行ってきますとか挨拶してます

おりん、線香立て、花立ては必要なのですね。

ちなみに友人から頂いた線香立ての中にも細長い陶器が入っていて
お線香入れるものかなと思ったら花びんのように使ってもよいそうで。
ありがたい。牛乳びんとかジャムのびんに入れてましたからね、、ダメダメ

おりんは将来的にオカメインコを飼う予定なので買わないかな、、
はちがおりんの音がすごく苦手で、しめさばさんの祖母の四十九日を家でやった時怯えて大変だったので、、新人がおりん好きかもしれませんけどね。
基本オカメは怖がりなのでやめておきましょう。

ということで、一般的には上記で引用したものが必要だそうです。
我が家は線香立て、ろうそく台、花立てが揃ったので
ありがとうございます!)供養台が必要ですね。

供養台はどんなのがよいのか

供養台にはこんな種類があるそうです。

ステージタイプ

骨壺などを乗せる台のみのものや、台の後ろに背面がついているものなどありますが、シンプルで使いやすいタイプです。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

理想を言うと真ん中の日本香道さんのですが、ちょっとお高いかなとか思う親不孝な私です、、両親よすまぬ、、
左のソウルステージ、これくらいのがいいなあと思っています。

仏壇タイプ

飾り台のフレームが、仏壇の形をしているタイプです。仏壇と手元供養の双方の役割を果たすと言えるでしょう。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

仏壇タイプ、全く視野にいれてませんでしたが左側のミニ仏壇いいですね。
置きやすそう。真ん中のもいいなと思うんですが2人の遺影入るかな、、
ぎゅうぎゅうそう。

フォトフレーム一体型タイプ

フォトフレームと台が一体となっているタイプです。故人の写真を飾る場所があるので、いつでも故人との思い出を振り返ることができます。

※お坊さんのいないお葬式・コラムより引用

あまり見つけられなかったんですが、こんな感じみたいです。
楽天さんにいい感じの、しかしお高くて手が出ないフォトフレーム一体型がありました。シンプルでめちゃくちゃ好みです。
でも両親だからそんなケチケチしなさんな!って話も、、

ちなみに供養台の選び方のポイントについては、引用させていただいている
お坊さんのいないお葬式さんのコラム
をご参照ください。

まとめ

ということで今日は手元供養について手元供養に必要なもの、そして我が家に一番必要な供養台について書きました。

もうちょっと考えて台を買おうとおもいますが、なんとなく供物台でもいいような気がしてきております、、文房具ケースに比べたら、、

このあたり母が好きそうだし…でもやっぱり供物台を供養台にするのは駄目なんでしょうかね。このあたりはまた調べて記事にするかもしれません。
ダメな気もしている
文房具ケースに比べたらいいのだろうけど

それでは今日はこのへんで。おやすみなさいませ。



供養についての記事なので、またまた両親の好きなものを。

会社員時代給料日は両親にケーキ買って帰りましたねえ。甘党一家でした。
プリザーブドフラワー、贈り物にとてもいいなと今回頂いて思ったので。
皆さんもいかがでしょうか。



あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です