【数珠を新しく買おうと思いまして】数珠に女性・男性用があるの?【数珠の切房のケア方法】

※画像引用:ACphoto

もうちょっと引っ張る仏事の記事です、すみません。

数珠に女性用・男性用があるのご存知でした?

実は私、恥ずかしながら知りませんで。今回この2つの数珠を持って納骨に臨んだんですが、左側の方は下の方のふさふさしたところ(切房というそうです)がボサボサだったので、私が持つことにしました。

納骨が終わった後に、義母から「mugさん、それはどちらとも男性用の数珠よこれあげる」と義母が持っていた数珠を渡されたんですが(ちなみに上の数珠も義母から頂戴しました)、いい加減自分で買おうと思ったので断りまして。

ということで、数珠の選び方をまとめてゆこうと思います。

女性用数珠

女性用と男性用の違い

女性用の数珠と男性用の数珠の違いは珠の大きさだそうです。

そもそも、女性用の数珠は男性用とは何が違うのでしょうか?
一番大きな違いは珠の大きさです。

女性用の数珠は男性用より珠が小さく、華奢な印象です(略式数珠では男性用が10~12mmほど、女性用が6~8mmほどです)。
また、108珠の本式数珠では、数珠の寸法(輪を広げて伸ばした状態での親玉から親玉の長さ)が女性用は八寸(約24cm)、男性用は尺二寸(約54cm)というのが一般的です。

※パワーストーンや誕生石のブレスレット・アクセサリーの通販サイト Pascle(パスクル)より引用

他には男性用の数珠は色味が落ち着いた黒とか茶色が多く、女性用の数珠は淡いピンクや薄い緑色など明るい色合いが多いという記述もありました。

数珠の選び方

男性用か女性用かを選ぶ男性用か女性用は決まっている
宗派ごとの数珠か略式の一般数珠かを選ぶ略式の一般数珠は宗派を問わずに使うことができる
価格帯(予算)を選ぶ
素材や房の好みのデザインを選ぶ

※参照:数珠の亀屋・公式サイト

気になる部分を詳しく書いてゆきます。

②数珠の種類(宗派ごとか略式の一般数珠か)を選ぶ

宗派ごとの数珠は真言宗、浄土真宗、日蓮宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、日蓮正宗があるようです。
数珠の亀屋さんでは6,7割の方が宗派を問わずに使える略式の一般数珠を買われるそうです。

なお、他の宗派の葬儀や法事に自分の宗派の数珠を持って行っても問題はないとされているようですが、気にされる方は略式の一般数珠と使い分けたりされているそうです。

お坊さんが運営されているブログを見つけたので読んでみましたら、「初めて数珠を選ぶなら略式念珠を選べ!」と書かれています。(未熟僧ブログさんに繋がります。ページの中ほどから下あたりに書かれています)
その理由とは宗派を問わず使えるからの他に、「価格が安いこと、取り扱いが簡単なこと」とされています。

宗派ごとの数珠は「どの指に数珠をかけるのか、どうやって数珠を擦るのか、房を垂らすのは手のひらの外側なのか内側なのか」が決まっているみたいです。それは相当難しいですね….

子供の頃に祖母が買ってくれた数珠なんですが、今までの使い方は果たしてあっていたのか自信がありません。
(ちなみにこちらは子供用なので新しい、大人用の数珠を買おうと思っています)

③価格帯(予算)を選ぶ

数珠の亀屋さんでは5,000円~10,000円をおススメされています。

安価なものから高価なものまで様々です。

お数珠の価格は、玉の素材の原価と仕立て代で決まります。
大人用でも、2,000円台からありますが、長く使えるそれなりの品質のものとなると、
5,000円~1万円台のものが最も多いです。

※数珠の亀屋・公式サイトより引用

お坊さんのブログ、未熟僧では60,000円~10,000円をおススメされています。

数珠の亀屋さんと同じく、それなりに高いものを買ったら長く使えるからがその理由ですね。安いものを買うと珠を通すひもが切れたりひもを留める房が簡単にほつれたりしてしまうからだそうです。

④素材や房の好みのデザインを選ぶ

数珠の亀屋さんではこう書かれています。

数珠は持ち主専用の仏具で、貴重なお守りです。使う本人が気に入る品が一番です。

※数珠の亀屋・公式サイトより引用

女性用の数珠の珠は華やかな色合いのものが多くて、「若い人向けなのでは」と思いがちだそうですが(私も思っていました)自分が気に入る品が一番、と他のサイトにもありました。

房はこれだけ種類があるようです。

房の形は切房(きりふさ)、頭付房(かしらつきふさ)、梵天房(ぼんてんふさ)、紐房(ひもふさ)などがありますが、略式数珠ではどの形の房を選んでも大丈夫です。

ただし紐房は特に男性用の数珠に使用されることが多いようです。

※パワーストーンや誕生石のブレスレット・アクセサリーの通販サイト Pascle(パスクル)より引用

数珠袋も一緒に買おう

未熟僧ブログさんでは声を大にして言われています。「数珠袋も一緒に買おう」と。

それはなぜかと言うと、切房がボサボサになったり、喪服のポケット等に入れっぱなしにしておくと房の形が崩れたり、折り目がついたり、房の一部が抜け落ちたりするからだそうです。

うちの数珠のボサボサはそのままポケットや葬式バッグにいれるから発生したのか、、、

数珠の切房がボサボサになってしまったら

数珠袋に入れて気をつけていてもボサボサになってしまったらこのようにケアするようです。

ここではより房のシワの伸ばし方ですが、数珠の切房と同じようなものだと思うのでこちらをご参照ください。

静止画の方が良い方はこちらをどうぞ。

まとめ

私の使っていた数珠が男性用だった!ということから、本日は数珠に女性用と男性用があるということ数珠の選び方それから数珠のふさふさしたやつ、切房がボサボサになった時の対処法についてまとめてきました。ちなみに私は略式の一般数珠で、5000円くらいのものを買おうと思っています。

それでは今日はこのへんで。おやすみなさいませ。





あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です