どう編集すべきか?1ヶ月ほど動画編集をして気付いた編集方法

編集マン

 約一ヶ月ほど動画編集をしてみて、手探りな感じで動画編集してて幾つか方法論が固まって来たため、ノウハウ定着のため記してみる。なお、まだマネタイズできてないけども・・・。(しめさば)

お品書き
  • カットの使い方と効用
  • どんなテロップを入れるか
  • どんな効果音を入れるか

カットの使い方と効用

カットとは、動画の元の動画素材から

無駄な部分を取り除く作業

かなと感じている。

 無駄な部分を取り除く事によって、動画の「情報密度」を上げ、視聴者に「飽き」が来ないような工夫の一つ。

 よくある話しで

 カメラの初心者は、撮りたい全体を撮りたがり、プロカメラマンは、意図以外の、不必要なものを画面に入れないように撮影する。

というものがある。

 これに凄く似ている感覚だと思う。

 かといって、以前に書いた「ジェットカット」を多様するという事ではなく、元素材となる動画の「え~」とか息を吸うシーンを全てカットすれば良いのかというと、そういうわけではない。

 要は、時間あたりの情報密度を「不快と感じない程度」に高くする必要がある。

じゃあ不快にならない程度の情報量って何?

 という事になるわけで、情報は被写体が喋っている「言葉」が全てではない。

動画を全体を通した意図を考えながらカットである。

 つまり、視聴者側に考えさせる時間や、あえて「間」を入れる箇所、被写体の動きを考慮しなければならないということ。

 部分部分の非言語を含めたストーリーを考慮して、無駄な部分を切り取る事である。

 ただ、不快となるかならないかは、結局編集者の体感覚となるが、youtubeアナリティクスを見て適宜修正かな。これという正解は無い。上手く言っているお手本となる動画はたくさんあるしね。

どんなテロップを入れるか

 テロップとは揮発する言葉や、状況の情報を言語化して視聴者に示す行為で、動画中の部分部分に見出しとなる「タイトル」をつけたり、動画へのツッコミを代弁する情報を入れるのが良いと思う。

 動画ツールにはテロップのアニメーションについて様々なものがあるが、結局一番使うのはボヤッと登場させるフェードイン・フェードアウトさせる「ディゾルブ」という効果。

 テロップはよっぽどの意図が無い限り、動画内のストーリーを補助するものと位置づけている。

 とはいえ、現実世界にテロップなんてものは表示されない。せいぜいパワポを使ったセミナー等で、そもそも不自然なものである。

 なので、あまり目立ったアニメーションは使えない。

 情報の補助として使うのであるから、Aさんの喋りとBさんの喋るテロップのデザインは、同じものにする等「わかりやすくする工夫」も必要となる。

どんな効果音を入れるのか?

 効果音には2つの効用がある

①動画内の出ていない音を誇張する
②不自然なものを自然に見せる

である。

 共通して言えるのは

「画面で出ていない音を足す」

という事で、

「出ていない音を聞く」

事が必要です。ちょっと何言ってるか分からないかもしれないが、前段でテロップはそもそも不自然なものと書いたが、大切なのは

 そのテロップが出るものは何だろう?

と考える事で、効果音を入れる前にオノマトペで考える事が多い。

「パッ!」とか「ガーン!」とか「シュッ!」

 実にマンガ的ではあるけども、パッと見て飽きないのは「情報の解釈にストレスを与えない」ことが大事で動画編集はなかなか奥が深く面白い。

よく使う効果音サイト

ライセンス表記が不要なので、とても有り難く使わせてもらっています。

  • 効果音ラボ
  • くらげ工房
  •  最近の悩みは、fimolaのテロップテンプレートに意匠が強すぎて、使いづらいものが多く、自作テロップアニメーションだと出来る事が案外少ないので、そろそろ乗り換えなのかなぁなどと思っている。

     プレミアは高すぎるよなぁ・・・。




     

    あ、宜しければ・・・。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です