python覚え書

文字化け

 PyQはじめましたしめさばです。

オンラインPython学習サービス「PyQ™(パイキュー)」

 さくさくっと進むのは良いのですが、進む分だけ忘れるので、メモを残そうかと思います。

リスト[]の操作

  • リストの末尾に要素を追加: リスト.append(要素)
  • リストのインデックスの位置に要素を追加: リスト.insert(要素)
  • リストの既存の要素の値変更: リスト[インデックス] = 変更したい値
  • リストの末尾の要素の削除: リスト.pop()
  • リストのインデックス位置の要素の削除: リスト.pop(インデックス)
# 追加(末尾)
print(‘++ 末尾に「山田」を追加 ++’)
duty.append(‘山田’)

# 追加(3番目)
print(‘++ 前から3番目に「中村」を追加 ++’)
duty.insert(2, ‘中村’)

# 変更(2番目)
print(‘++ 前から2番目を「西川」に変更 ++’)
duty[1] = ‘西川’

# 削除(1番目)
print(‘++ 前から1番目の社員を削除 ++’)
duty.pop(0)

# 最終状態を表示
for employee in duty:
  print(employee)
fruit_line = [‘バナナ’, ‘りんご’]

# 「みかん」を列の最後に置きました。
fruit_line.append(‘みかん’)

# 前から2番目に「ぶどう」を置きました。
fruit_line.insert(1, ‘ぶどう’)

# 前から4番目の果物を田中くんにあげました。
fruit_line.pop(3)

# 前から2番目に「メロン」を置きました。
fruit_line.insert(1, ‘メロン’)

# 一番後ろの果物を食べました。
fruit_line.pop()

# 「パパイヤ」を列の最後に置きました。
fruit_line.append(‘パパイヤ’)

# 先頭の果物を取り出して、末尾に移動しました。
last_fruit = fruit_line.pop(0)
fruit_line.append(last_fruit)

# 表示してみましょう(for文を利用し、一要素ずつ表示)
for fruit in fruit_line:
  print(fruit)

辞書{}(要素の追加)

health_result = {}

health_result[‘名前’] = ‘佐藤’
health_result[‘年齢’] = 35
health_result[‘体重’] = 60
health_result[‘身長’] = 170
# 在庫項目の追加
stationery[‘消しゴム’] = 10

# 在庫の変更
stationery[‘えんぴつ’] = 20

# 在庫項目の削除
del stationery[‘のり’]

# 表示
print(stationery)

ファイルの読み込み

with open(‘input/lunch.csv’, encoding=’utf-8′) as f:
  for row in f:
      columns = row.rstrip().split(‘,’)
      name = columns[0]
      lunch = columns[1]

      if lunch == ‘コロッケ弁当’:
          print(name)
output_rows = []

with open(‘./input/books.csv’, encoding=’utf-8′) as f:
  for row in f:
      columns = row.strip().split(‘,’)
      purpose = columns[2]  # 会議室の利用目的

      if purpose == ‘Python-勉強会’:
          output_rows.append(row)

# ファイル’output/book_python.csv’へ書き込む
with open(‘output/book_python.csv’, ‘w’, encoding=’utf-8′) as wf:
  for row in output_rows:
      wf.write(row)

日付の扱い

str_date = ‘2016-10-20’

# 日付へ変換
base_date = datetime.strptime(str_date, ‘%Y-%m-%d’)
# 5日前
before_5days = base_date – timedelta(days=5)
# 文字列に変換
print_date = f'{before_5days:%Y-%m-%d}’
# 表示
str_date = ‘2016-10-20’

# 日付へ変換
base_date = datetime.strptime(str_date, ‘%Y-%m-%d’)
# 5日前
before_5days = base_date – timedelta(days=5)
# 文字列に変換
print_date = f'{before_5days:%Y-%m-%d}’
# 表示
print(print_date)

ファイルを読み込んで日時に変換

with open(‘input/days.txt’, encoding=’utf-8′) as f:
  for row in f:
      day = datetime.strptime(row.rstrip(), ‘%Y-%m-%d’) # -か/かは、csvの内容に合わせる
      print(f'{day:%Y/%m/%d}’)

会議室の予約数を集計するプログラム

book = {} 

# ファイルinput/room.csvを開いて、集計
with open(‘input/room.csv’, encoding=’utf-8′) as f:
  for row in f:
      columns = row.rstrip().split(‘,’)
      room = columns[0]

      if room in book:
          book[room] += 1
      else:
          book[room] = 1

# 表示
print(book)

まだまだ先は長いね(^_^;)




 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です