【駄文】わが家的濃い味の顔第1位

cinema

お久しぶりです。しめさばさんです。

先日仕事を収めたわけですが結局毎日稼働する運命でして、いやまいったね。

それが昨日下の映画が面白くて

朝の4時半まで、うっかり起きてしまい、2日目にしてすっかり昼夜逆転になりました。

映画は、武器商人の悲哀をニコラス・ケイジ(CV大塚明夫)が演じておりまして、映画は吹き替え派だし、見るしか無いでしょといった風情あります。

で、翌日(今日)mugさんに伝えた伝えようとしたのですが、ニコラス・ケイジという名前が出てこなくてね。

あのーアレ、
・ハリウッド俳優でー
・濃い顔代表みたいな感じでー
・それでいてインテリ系の役が多くてー

人生の中で何度ニコラス・ケイジという名前を思い出す作業を繰り返した事でしょうか。

なんで思い出せないんだろうね。

あの濃い顔と名前が一致しない感じは何なんでしょうかね。
わかります?この感覚。

で、濃い顔で思い出すタレントは誰かという話しになり、ニコラス・ケイジは顔のパーツやその組み合わせが最高の濃い味を演出しているものの、頭髪の主張が弱いという結論に居たり、やはり

ライオネル・リッチー

が最強なのではないかという結論に落ち着きました。

もうね、レンゲが立つほどの濃厚スープ感があります。

というわけで、濃い顔でグーグル検索してみますと、トップに来るのは

竹野内豊さん

みたいですが、そういう事で言いんでしょうか。

なんでしょうか、濃いといえば濃いのですが、

多少背脂をかけた塩チャーシュー麺

程度の濃さを感じるのみで、それじゃないなぁという感覚なのですが、この感覚伝わるかなぁ。

ほら、駄文だったでしょ?

       
 

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です