【寒くなってきたので】鍋レシピ5選【冬は鍋】

急に寒くなりましたね。と言ってももう11月ですものね。寒いですよね。
寒いのにコートが老朽化してきて買わなきゃいけないのに、欲しいコートが見つからずうっすいコートでごまかしています。いい加減買わなくては。

寒い季節の美味しい料理と言えば、シチュー、鍋、具だくさん味噌汁。
そういえば、鍋料理が大好きなのに鍋レシピまとめをしてなかったなってことで
今日は私のおススメ鍋レシピをご紹介いたしますー。

杏耶さんの白菜と豚肉のごま油香るやみつきネギダレ鍋

豚と白菜のミルフィーユ鍋ってありますよね。
豚と白菜をサンドしたものを鍋に詰め込んで煮る鍋。
こちらは豚と白菜の他に、餃子の皮を挟んで煮る鍋です。

そしてたれが特徴的で、ごま油とポン酢、おろしチューブと万能ねぎが
入っています。

たれが濃い目でくどそうに思われがちですが、具材がシンプルなのでそこまで
くどい感じはしませんでした。

そして「かどやの純正ごま油濃口」を推奨されていますが、私は普通のごま油でも満足でした。
餃子の皮が挟まれていて、ボリュームもあるので育ち盛りのお子さんやたくさん食べるお父さんにもおすすめです

杏耶さんが「かどやの純正ごま油濃口」を推奨されていますが、
ごま油がちょっとくどいかな?って方にはごま油をラー油にかえてもいいかもしれません。ちょっとだけ加えるだけでもごま油感がありますし。
もちろんピリ辛にはなりますが

キャベツと鶏の水炊き

「みんなのきょうの料理」の、加藤美由紀さんのレシピです。

これはですねえ、超おススメです。
主な材料は鶏肉とキャベツだけですし、作り方も簡単でそしておいしい。
もう何もやりたくないっていう日によく作ります。

ちなみに鶏肉はレシピでは鶏もも肉ですが、鶏手羽元、手羽先、手羽中でも
大丈夫です。
骨付きだからいいダシも出るような気がします

シロさんの豚ばら、キャベツニラ、春雨のモツ鍋風

※コマ引用:よしながふみ作『きのう何食べた?』10巻 131pより

こちらの鍋は、きのう何食べた?レシピ特集でも書きましたね。
キャベツと鶏の水炊きに次ぐ簡単レシピです。
一瞬あっさり鍋に見えますが、わりとこってりしていて後引く美味しさです。

トマトすき焼き

すき焼きの具にトマトを入れるだけなんですが、トマトの酸味が甘じょっぱさとぴったり合って、飽きずに最後までいただけます。
すき焼きに飽きる???」と思われると思いますけど、私、すき焼きあんまり好きじゃないのですよ、、あまじょっぱい味があんまり好みではなく。
なので、すき焼きあんまりすきじゃなくてトマトは好きって人にいいのかも。

ビジュアルがすごく美しかったので、kazhさんのツイートを転載させていただきましたがレシピはこちらが簡単で作りやすそうです。
次はkazhさんの真似をしてプチトマトで作ってみようかな。

ラーメンスープでちゃんこ鍋

これはしめさばさんの実家でご馳走になったことのある鍋です。
市販のラーメンスープ(私がよく使っているのは菊水のラーメンスープ)を使います。

材料:2人分

<出汁>
昆布:10㎝ほど(お好みで)
水:750㎖ほど(お好みで)
ラーメンスープ:2袋
<具材>
大根:2㎝ほど
にんじん:3㎝ほど
白菜:4枚くらい
水菜:1束ほど
しいたけ、えのき、しめじなど:お好みな量
たまねぎ、ねぎ:お好みな量
肉:鶏、豚肉、鶏ひき肉団子などなどをお好みで
魚介:えび、たらなどお好みで

作り方

①昆布は固く絞った布巾で表面を拭いておき、水を張った鍋に入れてひたしておく(15~20分)
②鍋に薄くいちょう切りにした大根、にんじんを入れる。火にかけて沸騰したら昆布は出しておく。
③②の鍋に煮えにくい食材から入れてゆき、全部食材を入れたら最後に
ラーメンスープを入れる。

※昆布だしの取り方:こんぶのくらこんさん参照

と、レシピを書き起こしてみましたがいつものように食材の種類も分量も
お好みでどうぞ。

ただ、にんじんと大根はいいダシになるので入れるのがおススメです(とのことですby義母)

大事なポイントとしては、にんじん大根は水から入れることと
ラーメンスープは最後に、食べる直前に入れることです。
ちなみに市販の鶏ガラスープを入れるのもおススメです。

大定番・しゃぶしゃぶに合う野菜。

私が一番好きな鍋は何かといいますと、しゃぶしゃぶです。
定番すぎるのでレシピは不要かと思いますが、
しゃぶしゃぶ食べたいけれど葉物野菜が高くて買えない!!」ってこと、
ありませんか。

そういう時は大根とにんじんをピーラーで薄く切って、リボンのようにしたものをしゃぶしゃぶしても美味しいです。
新婚時代に読んでました、雑誌・サンキュ!に載ってたんですが。
あとカイワレ大根やレタスをしゃぶしゃぶするのも我が家の定番です。

鍋の〆

鍋の〆はたいていインスタントラーメンです。
その他は茹でておいたうどんやそば、あとは雑炊。
鍋の〆はしめさばさんが用意してくれるんですが、インスタントラーメン、
雑炊の際は卵でとじてネギを散らしてますね。
マイルドになって美味しいです。

そして「誰かが作ってくれた感」もあって嬉しいので、〆は旦那さんにお願いすると心も満たされてよいと思います。
まあ我が家の場合「家族サービス」というよりか、
もうちょっと食べたいから〆になんか作るか」くらいの気持ちで作っているようですが。

ということで今日は鍋のレシピについてまとめてみました。
皆様も鍋を食べてあったまってくださいね。
では今日はこの辺で。おやすみなさいませ。





いつもは違う会社さんのアフィ商材を貼るのですが、博多若杉さん水炊きもつ鍋のビジュアルが美味しそうすぎて、どちらも博多若杉さんです。
九州っておいしそうなもの多いですよね、、いつか行ってみたいです。

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です