【引用多め】低気圧でただただ眠い時の対処方法

今日は低気圧のせいなのか、ひたすら眠かったです。みなさんはいかがでしたか。
休みの日だったので寝たいだけ寝ておりましたが、仕事の日や用事がある日だったら困るよなーと思ったので、対処方法について調べてみました。

低気圧で眠い原因

雨や台風の日に眠くなりやすいのはどうしてなのでしょう。それは、気圧が私たちの体調を左右しているから。高血圧などを研究する川嶋朗教授(東京有明医療大学)によると、低気圧の環境では空気中の酸素濃度が薄くなり、その影響で副交感神経が活発になりすぎてしまう場合があるそう。副交感神経とは、自律神経を構成している神経の一種。リラックス時に活発化するものです。つまり、低気圧の影響で体がリラックスし、眠気を催してしまうといえます。

ちなみに、低気圧には雲を集める性質があります。また、台風とは発達した熱帯低気圧のこと。そのため、雨や台風の日は気圧が低いのです。雨や台風のときに眠くなってしまうのは、科学的に説明がつくのですね。

※STUDY HACKERより引用

低気圧の日は体がリラックスしているのですね。
たしかに昔から雨の日は眠かった気がします。

眠い時の対処方法

STUDY HACKERさんによると、

①コーヒーや濃いお茶、紅茶を飲んで(カフェイン摂取交感神経を活性化させる
②辛い物を食べて交感神経を活性化させる(麻婆豆腐やカレー)
大豆製品やカツオを食べる

とありました。
①と②はなんとなくわかるというか、①は日ごろからやっている眠気対策なのですが③は初耳だったので引用いたします。

雨の日の眠気を吹き飛ばしてくれる脳内物質は、まだまだあります。アドレナリンと同じく、交感神経に関与するノルアドレナリンは、集中力・判断力向上の機能を持ちます。ノルアドレナリンを生成するのに必要なのが、アミノ酸の一種であるチロシン。チロシンが多く含まれている食品は、大豆製品やカツオ、ナチュラルチーズなどです。

天気が悪い日の昼休みに外食をするなら、おみそ汁やカツオが使われた定食を食べると元気が出そうですね。麻婆豆腐なら、カプサイシンもチロシンも摂取できて一石二鳥です。おやつにナチュラルチーズを食べたり、自動販売機などで売っている缶入りのおみそ汁を飲んだりといった手軽な方法もあります。雨で眠いときには、食べるものをいつもと変えてみましょう。

大豆製品はホルモン関係にもよさそうなので、味噌汁飲んでみようかな。。

漢方薬の「五苓散」が気になる。

あと、Twitterで低気圧対策で五苓散というのを飲んでるという方をよく見かけました。

ここ数年、低気圧にやられることが多いので飲んでみようかなー。
漢方は抑肝散も飲んでいるので(PMS対策)一緒に合わせて飲んでいいのか
内科で先生に聞いてからにしてみますが。

低気圧の眠気対策のまとめ。

カフェイン摂取して、辛いもの食べてみて交感神経を活性化させ、
大豆・カツオを摂取してみて集中力を高めて眠気を抑えて。
まあダメだったら体がリラックスしているんだから寝ちゃいましょう、、ってところですかね、、(ユルすぎてすみません、、

あとは五苓散、試してみようと思います。
眠い時にいいのかどうかは書かれていませんでしたが、気圧での不調に
効くと見かけましたので。(めまい、頭痛など。ちなみにただいま頭痛がひどいです

ちなみに低気圧での不調についてはこちらの記事でもまとめてます。

我ながら今日のブログはひどすぎるなと思いつつも今日はこの辺で失礼いたします。。
体がリラックスしているようだから寝ます。。(ほんとひどいな





あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です