【本日6月6日は梅の日】私の梅しごと失敗談【梅しごとというか梅騒動】

今日は梅の日だそうです

そもそも
6月6日が梅の日になったのは・・・

天文14年(1545年)の6月6日(旧暦4月17日)、京都・賀茂神社例祭において神事の際、後奈良天皇に梅を献上したという故事にちなんだものです。
(宮中の日記「御湯殿の上の日記」に記述)

※梅いちばん(梅干しの通販サイト)さんより引用

ちなみに「紀州梅の会」さんという団体が、宮中の日記「御湯殿の上の日記」に記されていたことから決められたそうです。

ということでこの季節は梅をジュースや梅酒、梅干しにする

「梅しごと」の季節です。

「梅しごと」というと、丁寧な生活をされている方がすることで全く丁寧ではない私はすることではないと思っておりました。
(少し興味はありましたけれど)

しかし去年の6月の中頃、

私の職場で販売している青梅が大量に残ってしまいまして、
廃棄するにも忍びないということでスタッフでみな手分けして持ち帰ったのです。

ちょうどはちを看取って気が抜けている時期でしたので、

気分転換にいいかも。梅しごと、実はちょっとだけ興味あったし。

などと、全く丁寧に暮らしていない私が「梅しごと」に手を出してしまったのです。

結論から申しますと、できあがったシロップが苦い!

そしてカビのような白いものが梅干し本体に付着していたので、捨ててしまいました。。

ということで今日の記事は梅しごとの失敗談です
しかし私、失敗しかしてないし失敗ばかりを発表しているな、、

さて梅で何を作ろうか、お酒飲まないから梅シロップにしようと思い、

参考にしたのはこちらのサイトです。簡単で非常にわかりやすいレシピだと思います。(北欧、暮らしの道具店さんのたくまたまえさんレシピ

準備したのはこの保存瓶です。
蓋や部品を全部取って分解してから煮沸消毒、、と思ったら家で一番大きい鍋に
入りませんで、、たくまたまえさんレシピにあるようにアルコール消毒しました。

失敗①分解した瓶が組み立てられない。。

失敗って程でもないのかな。でも相当動揺してしめさばさんに組み立てて
もらいました。

しめさばさんはこの梅しごとプロジェクトに対して懐疑的で
この瓶に煮卵入れようよ」だの
糖尿病なのに梅シロップ作ってどうすんの?甘いもの摂取していいの?
俺甘いのイヤだよ」と色々言われていたのを、
押し切って瓶を買い、作り始めたので、瓶を組み立てられなくて無念…だったのを覚えています。。笑

ちなみにこちらに購入した瓶、星硝セラーメイトの分解方法が書かれています。
この逆をやると組み立てられると思って検索したもののできなかったという

失敗②そもそも材料の量が曖昧。

上↑の、たくまたまえさんレシピにある材料は
青梅と氷砂糖。量は1対1。

それに対して私の用意した材料は

・青梅:1.5㎏くらい??
・氷砂糖:1㎏より少な目だった覚えが。。
・酢:20㏄(これは守った覚えがあります)

糖尿病だから甘すぎてもいけないよねってことで氷砂糖を買い足さなかったことを覚えております。。 ←こらーッ

失敗③瓶を振るのをサボりがち、そして放置しすぎ?

この状態で、(2019年6月30日の写真。)あとは「瓶を冷暗所で保管し、1日に一回程度振って2週間ほどで飲み始められる」とあったんですが
最初はマメに瓶を振っていたのですが、日が経つにつれて忘れる日があったり。

そして氷砂糖が溶け切らなかったので最終的に飲んでみたのは1か月以上経ってからで。。

(2019年8月10日の写真)

そして、冒頭にも書いたように

シロップは苦く、梅にはカビのようなものが付着している

状態となったのでした、、
ネットで調べてみたら、この状態だったんだなあと。

漬けて間もないのですが、実に白いポツポツが出てきました。

実物を見てみないと、断言はできないのですが、
それは、おそらくカビだと思われます。
原因としては、以下の要因が考えられます。

  • ビンの消毒が充分でなかった。
  • 梅に水気が残っていた。
  • マメにかき混ぜず、放置した。
  • 表面に梅が長時間露出してしまった。
  • 未熟すぎる梅の実を使った。

※未熟すぎる梅の実は、果肉のエキス分が少なく、梅シロップを作っても
エキスが充分抽出されないので、上手くできません。

漬けてから10日程経ち、エキスも充分抽出されていれば、
梅の実を取り除き、液を加熱殺菌すれば良いのですが、
漬けて間もない(エキスも抽出されていない)状態では、手の施しようがありません。
実のカビをきれいに取り除き、再び漬け込んでも、結果は厳しいと思われます。

※梅のある生活より引用(梅の月向農園さんのサイト)

10日以上経っていたので、加熱殺菌すればよかったのかもしれないのですが
飲んでもいいのか自信がなく、捨ててしまったという、、

この失敗で思い当たる節は、
●瓶の消毒が充分ではなかった
●梅に水気が残っていた
●マメにかき混ぜず、放置した

かなあと。

今年も梅が残りすぎたらどうするか考えますが

職場には割と梅しごと好きがいるから、今年は私は遠慮しようかなと思っています。
去年も一応遠慮したんですけどもね、、

食器棚に入りきらず、横にしていれている瓶を見ていたら
今年もチャレンジしてみようかな、何のためにこれ買ったのってなっちゃうな」とか思ったりもしますけど。。

私はたぶん今年は作らないと思いますが、

梅シロップ、割と簡単に作ることができるんだとも思いましたので
みなさんもぜひぜひ。

ちなみに私が作ったたくまたまえさんレシピも作りやすかったんですが、
先ほど引用しました梅の月向農園さんのサイトもわかりやすいです。
シロップだけではなく、梅サワー、梅酒、梅干しetcの梅レシピがどーんと
載っているので見やすいです。

(梅の月向園さんのサイトを見ていたら、「梅のアク抜き」をするとありますが、これしなかったな、、あれ??これが??原因???

とにもかくにも。今年も暑そうですし

元気を出そう!夏バテにならないようにしよう!ということで、
皆さまよき梅ライフをお送りくださいませ。

ちなみに私ははちみつ梅干しが好きです。
この季節は梅干しを食べると元気が出るような気がします。

と思ったら梅干しって実際疲れに効くようですね。
塩分に気をつけながら、梅干しを食べてゆきたいと思います。





あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です