紙のガムテープでとあるものを固定してしまった場合のはがし方。

こんばんはmugです。
私は何かとやらかす方なんですが(海老のしっぽ飲み込み事件しかり)
今日もまたやらかしましたのでそちらの日記を。

10/12に上陸した台風に備え、ベランダの洗濯物干し竿を撤去した私

その際、転がって下に落ちてはいけないなと物干し竿のうちの一本は
ガムテープで固定したんですね。紙の。
そして台風も去り、物干し竿元に戻さないとなー…めんどくさいなー…
しめさばさんにお願いしちゃおーと思っていて、頼んだんですけど
二人とも忘れていて。

洗濯物は基本室内干しなんですね。
なぜなら数年前、洗濯物にG氏が張りついていて気づかないで取り込み、
ハンガーから外したらG氏が私の足の甲に落ちてきたから….

そして私はめちゃくちゃズボラ。ということで2か月くらいも
ベランダの床に置きっぱなしで放置したという(威張っちゃダメ)

今日は特に出かける用事もないからしめさばさんに頼んだのです。

「こんなの一人でできるでしょー」とブーブー言われながら。
それでもまあなんとかやってくれようとしたのですが、しめさばさんが叫びました。

あっ!バカお前!物干し竿、紙のガムテープで固定したな!!

あっそういえばはがれにくいんだったっけ…と私もはがしてみようとするも
はがれない。(我が家は賃貸

ということで、今日は紙のガムテープをはがす方法について調べてみました。

(すぐブログのネタにする)

ガムテープガムテープ言ってましたが

紙のガムテープは正しくはクラフト粘着テープというそうです。
ガムテープとは下記のもののことだそうです。

本来のガムテープは、接着剤に水溶性のガム糊デンプンまたは、ゼラチン)を使った、使用直前に接着面を濡らして使う粘着テープである(Water activated tape)。現在の主なクラフトテープは不溶性のを使っている。

※ウィキペディアより引用

ということで、はがし方。

(※生活知恵袋さんのサイト参考)

貼り付けて間もない時

ガムテープの角を少しだけはがし、そこにドライヤーをかけて温めてはがす。

ドライヤーではがれない、時間が経ったものをはがす時

①お酢、中性洗剤、シールはがし剤、除光液を使用。
②中性洗剤、お酢を使う際はテープをはがす対象物をサランラップで覆う。
(シールはがし剤、除光液はそのままかける)
③②の上にお酢などをかけ、10分放置する。
④ゆっくり慎重にはがす。
※はがす際はヘラを使用すると効果的

素材へのダメージが気になるなら

シールはがし剤や除光液はシールをはがす効果は高いのですが、樹脂やプラスチック、木製の素材だと素材自体にダメージを与えかねないので使うのは避けた方がいいです。こうした素材の場合は中性洗剤やお酢などを試してみるのもいいです。

※生活知恵袋さんより引用

我が家の場合、ベランダは鉄板なのでシールはがし剤を買ってみようかなと思っています。

はがしヘラつきのが便利そうですが、このはがしヘラ、鍋の焦げを取るのにもよいらしいのでヘラだけもほしいな…

ちなみにクラフト粘着テープのことばかり書きましたが

布テープも貼ったらいけないそうです(しめさば談)

(常識かな、、たぶん常識なのでしょう、、)

そして貼ったとしても、暖かい時期にすばやくはがしていたら今回のような
事態にはならなかったので、貼ったら暖かい時期にすぐはがせ、です。

貼っていいのは、台風の時に品切れになったあの養生テープくらいですね…

って私、養生テープ求めてハンズに行って品切れで、
「養生テープの次に貼ってもはがしやすいテープってなんですか」って店員さんに聞いて
養生テープ以外は貼ってはいけません」って言われてたのにな。
なんでやっちゃうかな…

とりあえずシールはがし剤、ヘラを購入して

はがしてみたらまた、記事にするかもしれません。
よろしくお願いいたします。



あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です