【リライトしてみました】海老のしっぽを飲んでしまった時の対処法【引用多め】

こんばんは。だんだん春めいてきましたね。

最近『海老のしっぽを飲んでしまった時の対処法。』がよく読まれています

二年前に書いた、海老のしっぽを丸まんまのみ込んでしまったら苦しくて焦りましたよー!な記事です。

Googleコンソールには載ってこないのですが、アナリティクスで見ると
コンスタントに読まれているのでGoogleクロムをシークレットモードにして
確認
してみたところ、検索第1位でした。わー。

ということでちょっとまた、掘り下げて書いてみようと思います。

前回の海老のしっぽを飲んだ件のまとめ

  • 水を飲んでうがい、自力で吐きだしてみる。指を入れて無理に吐き出してはいけないくまざわ耳鼻咽喉科気管食道科さんのサイト参照
  • 魚の骨、海老のしっぽや脚などが刺さったら耳鼻咽喉科へ行く
  • 割と海老のしっぽを飲んでしまって来院される方は多いらしい
  • 耳鼻咽喉科では最初にお医者さんがのどの状態を見てくれ、詳しく知りたい時は内視鏡検査もあり
  • 検査は2000円ほどかかるもよう(私は吸引をしたので2700円だった)
  • 海老のしっぽは鶏の手羽先の骨、魚の骨同様喉に刺さると危険なので、噛み砕けない場合は残そう

海老のしっぽ、大好きなんですがあれ以来気をつけて食べています。
こういった例もあるようですし、、

無理矢理骨を吐いてはいけない理由

私はトイレで吐こうとした時に指を入れて無理に吐き、あろうことか
手で探って海老のしっぽを喉から引っこ抜くという荒いことをしでかしたんですがこれ、ほんとうに危険なのでしないでください。。

それはこういった理由からです。
まあ何となく察しつきますよね、、なぜ察さなかった自分、、

ただ、箸や指などを口の奥に突っ込むことで周囲の粘膜を傷つけてしまうおそれがあり、避けたほうがいいということでした。

「刺さった位置が浅く、魚の骨がよく見えていて、家族など別の人が取ってくれるという条件が重なっているならまだしも、通常であれば、耳鼻咽喉科の医師に処置してもらうことをお勧めします」(隅田医師)

そもそも魚の骨は大人の場合は舌の付け根のあたり、子どもの場合はへんとう腺の付近に刺さることが多く、専用の器具なしでは取れないケースがほとんどだそうです。

※NHK生活情報ブログより引用

あと、子供の頃に魚の骨がのどに刺さると親から
ごはんを飲み込んで取りなさい」と言われませんでした?
私もそれをしばらく実践してましたがごはんを飲み込むのもよくない行為らしいですので、こちらもしないでください。。

「のどに骨が刺さったときにごはんを飲み込むのは、全く意味がありません。むしろ状態を悪化させてしまうこともあります」

隅田医師によると、無理にごはんなどを飲み込もうとすることで、骨がさらに深く刺さってしまうおそれがあるそうです。よかれと思ってやっていたことが、逆効果だったなんて…。

※NHK生活情報ブログより引用

ということで、
指を入れずに自然に吐いても吐ききれなかった場合は
とにかく耳鼻咽喉科へ!
、ですね。
あとごはん飲み込むのもやめましょう~!

余談:鯛の骨を飲んでしまった場合

鯛、あまり食べることはないのですが確かにごっつい骨ですよね。
この鯛の骨はかなり危険だそうです。

塩焼きや煮付けなどがおいしい魚ですが、ほかの魚に比べて骨が太く硬いのが特徴です。そして、こうした骨がのどや食道に刺さると、最悪の場合、骨が体の内部にまで通り抜けて心臓や太い血管を傷つけ、命に関わるケースもあるそうです。
「急いで救急外来などを受診することも考えてください」(隅田医師)

また、痛みがひどい場合にも、救急外来に行くことを検討してほしいとのことです。「魚の骨くらい…」と、軽く考えないほうがよさそうです。

※NHK生活情報ブログより引用

鯛の骨を飲んだら救急外来!!
って飲まないように気をつけます。。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では
骨に気をつけて調理をした方がよいのかもですね。。

ちなみに骨が小さく細い魚(アジ、さんま、うなぎ)の骨を飲んでしまった場合は次の日に普通に外来にかかって取ってもらうので大丈夫だそうです。
夕飯に食べた魚の骨が刺さったら、翌朝病院に行くみたいな。
※NHK生活情報ブログ参照

ここまでたくさん引用しましたが、こちらの記事、わかりやすくてよかったです。骨飲んじゃった場合にご覧になってみてください。

海老のしっぽの下処理

私のように、出来合いのお惣菜でしっぽがのどに刺さった場合は
まあしょうがないとして(まあよくよく見て注意できたかもしれませんが)、
自分で海老を料理するならば下ごしらえで海老のしっぽでの受傷を防げるかも?

嚥下機能が落ちているとか個人の状態にもよりますので、下処理をしたとしても危険そうだったら海老のしっぽは残しましょう。ほんと危険だそうですし

動画の速度が早め?なのでゆっくりご覧になりたい方は遅めにして観てください。
ちなみに記事としてはこちらです。

海老のしっぽの先を切ると揚げる時にはねないとは聞いていたのですが
のどに刺さったりと受傷事故を防ぐにも有効なんですね。

ということで今日は海老のしっぽを飲み込んでしまった時の対処法についての記事をさらに詳しく掘り下げて書いてみました。

  • 海老のしっぽが噛み切れない時は残す。間違っても飲み込まない
  • 飲み込んだら水を飲み、うがいをして自然に吐いてみる。無理に吐かない
  • ごはんを飲み込むのもやめよう
  • 吐けなかった時は耳鼻咽喉科にかかる
  • 鯛の骨を飲んだら速攻で救急外来受診

ではみなさん、美味しい海老ライフを。
今日はこのへんで。おやすみなさいませ。

下ごしらえ済みの伸ばし海老だったら怪我する心配もなさそうですね。
そして一度は食べたい伊勢海老。しっぽ刺さったらえらいことになりそうです
伊勢海老のしっぽはさすがに飲まないかと
サッポロ一番の味噌ラーメンと言うだけでもう優勝なのに、
三重の伊勢海老だしだなんて、、間違いないですよね。気になります。





ところで明日はバレンタインデーですね。準備はお済ですか。
どちらも美味しそうですねぇ。。

あ、宜しければ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です